医師が選んだ!体に良い油SP|ゴマ油の効果 肝臓の働きを良くする ジョブチューン

医師が選んだ!体に良い油SP|ゴマ油の効果 肝臓の働きを良くする ジョブチューン

ゴマ油の効果 肝臓の働きを良くする。

スポンサーリンク




 

Q肝機能の低下はどうして起こる?

 
肝臓には常に活性酸素が発生しています。
そして、その活性酸素は通常細菌やウィルス攻撃から体を守る。
 
だが、ストレスや不規則な生活習慣、偏った食生活などを繰り返すと、活性酸素はストレスなどにより、必要以上にふえすぎる。
 
活性酸素が増えすぎてしまうと、肝臓の正常な細胞まで傷つける。
 
そのままの生活を続けると、肝硬変にまでなってしまう。
この状態からさらに悪化すると肝臓がんになる可能性も。
 
そこで、ゴマ油の第一人者
循環器内科医 平田文彦
 
ゴマ油がなぜ肝臓の働きを良くしてくれるのか?
 
活性酸素の発生を抑える、ゴマ油に含まれる「セサミン」は肝臓を守る抗酸化作用がある。
 
活性酸素の増えすぎを抑える。
 

スポンサーリンク





Q1日にどれくらい食べると肝臓に良い?

 
およそ1杯おおさじがオススメ。
 
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれている。一方で回復が早い臓器とも言われている。
 
毎日ゴマ油をとり続ける事で健康な肝臓を取り戻すことが期待できる。
 
ビールのおつまみにゴマ油
肝臓はアルコールを分解する働きをもっている。
 
ゴマ油の効果①
セサミンが肝臓でアルコールの分解を助ける。
 
ゴマ油の効果②
アルコールの吸収を穏やかにする。
 
ゴマ油の効果③
二日酔いの早い改善にも効果あり。
 
今回集まって頂いたゴマ油生産農家の10人中何と9人が健康な肝臓という結果に!
 
それでは先生オススメの肝機能を良くするオススメ料理は?
 
ビタミンEと組み合わせて食べるのがオススメです。
 
ビタミンEだけ摂っても効率よく肝臓に届かない。
ゴマ油と一緒にビタミンEを摂ると、油に溶けてセサミンと一緒に肝臓に届く。
 
抗酸化作用がさらにアップする。
 
ビタミンEを多く含む、カボチャのゴマ油炒め。
 
材料(2人分)
ゴマ油   大さじ1
かぼちゃ  100g
豆板醤   小さじ半分
みりん   大さじ1
砂糖    小さじ1
塩こしょう 少々
 
①フライパンに大さじ1杯のゴマ油を入れて
 
②そこに豆板醤、みりん、砂糖、こしょうを絡めれば
 
あっという間に完成。
 

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。