最新!みかんの健康効果1日3〜4個で驚きのパワー|教えてもらう前と後

最新!みかんの健康効果1日3〜4個で驚きのパワー|教えてもらう前と後

最新!みかんの健康効果1日3〜4個で驚きのパワー

スポンサーリンク




 

風邪予防といえばビタミンCが豊富なみかん。

実は最新研究でこいつのスゴさが分かってきた。

みかんを食べると、
●骨粗しょう症
●動脈硬化
●2型糖尿病
などな生活習慣病の発症リスクが大幅に低下するという。

みかんをよく食べる人は血管年齢が若い。

教えてくれるのは、
みかんマイスター
関根麻里さん

◯実はみかんってスゴい!

専門家に聞いてみると・・・
手軽に食べられる果物の中では、みかんは最強の果物。ではないかということが考えられます。

みかんをよく食べる人はカラダに何か違いがあるのか?

みかん農家の血管年齢は?

神奈川県 小田原市 4人
愛媛県 宇和島市 4人
静岡県 浜松市 4人

測定した全員の血管年齢が実年齢より低いという結果に。

スポンサーリンク





いやいや、みかんの力はこんなもんじゃない。

静岡県 三ヶ日町 研究
杉浦教授らのグループは、この町で大規模な調査を行った。

三ヶ日町の住民1073人を対象に10年間の追跡調査。

みかんを食べる量と生活習慣病の関係を調べたところ。

食べない
1〜2個食べる
3〜4個食べる

毎日みかんを3〜4個食べる人は生活習慣病のリスクを低下させるということが、長年の研究から分かってきました。

動脈硬化 発症リスク
45%低い

2型糖尿病 発症リスク
57%低い

骨粗しょう症 発症リスク
92%低い

さらに、肝機能、高脂血症のリスクでも低かった。

恐るべしみかんパワー
その秘密はβ-クリプトキサンチン

海外の研究でもβ-クリプトキサンチンを摂取する人は、肺がんのリスクが低下する。といった研究結果も報告されています。

1日3〜4個食べると効果的

あんなちっちゃな実にこんなパワーがあるとは。
いいことずくめじゃないですか。

なんと日本の温州みかんはオレンジの約10倍のβ-クリプトキサンチンを含んでいる。

なお、β-クリプトキサンチンはみかんが甘ければ甘いほど多く含まれている。

つまり、甘いみかんほど病気の予防に役立つ

そこで、甘いみかんの見分け方

①軸が細い方が甘い
②黄色いヘタが甘い
③オレンジ色が濃いほど甘い
④キメが細かい方が甘い
⑤小さいほど甘さが凝縮

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。