老眼の私は何を食べればいいですか?|老眼に効くアスタキサンチンを効率よく摂る

老眼の私は何を食べればいいですか?|老眼に効くアスタキサンチンを効率よく摂る

老眼の私は何を食べればいいですか?

スポンサーリンク




眼科医の林田康隆先生

老眼 原因は2つ!

1つ目の原因は水晶体が硬くなってしまう。

2つ目の原因は毛様体筋という、水晶体の厚みを調節している筋肉の機能の低下。

食事による改善が可能。

老眼の人は何を食べればいいんですか?

老眼もあるものを食べると改善!

老眼の人は紅鮭を食べてください。
では何故紅鮭を食べると老眼が改善するのかというと。

そもそも老眼の原因の1つである毛様体筋の機能の低下は、外出の際紫外線を目に浴びてしまったり、スマホなどで近くを見続けることで、目の中で活性酸素か発生。その活性酸素が毛様体筋を攻撃することで起こるんですが、この活性酸素を取り除いてくれるのが、

アスタキサンチン

紅鮭に豊富に含まれている。

アスタキサンチンは海の中の赤い生物に豊富に含まれている。

紅鮭  3.7g
金目鯛 3.0g
毛ガニ 1.1g
甘エビ 1.0g

実は下3つは外の皮の部分だけなんですね
ですから赤い色素が豊富なものは紅鮭なんです。

鮭にもいろいろ種類があります。

紅鮭 3.7g
銀鮭 2.3g
キングサーモン 0.9g
白鮭 0.8g

スーパーで買うときは出来るだけ赤い身を選んでいただくとアスタキサンチンが豊富に含まれているとおもいます。

しかし、紅鮭をそのまま食べてもアスタキサンチンか取れるわけじゃない。

スポンサーリンク





老眼の私は紅鮭をどう調理して食べるといいですか?

紅鮭のごま油焼き

老眼の人は紅鮭のごま油焼きを食べてください。
アスタキサンチンは油と摂らないと吸収率が下がる。

なぜ油の中でもごま油?

吸収されたアスタキサンチンは血管を通って眼までたどり着く。
体中に活性酸素がありますから、せっかく摂ったアスタキサンチンが使われてしまって目に届く量が少なくなってしまいます。

ですからそこでごまのセサミンという成分がアスタキサンチンの周りにサポートしてくれるような形で、目に届くまでの間に守ってくれるというふうに、考えられます。

紅鮭のごま油焼きってどうやって作ればいいですか?

①ごま油と絡めるためフライパンを使います。ごま油大さじ1。

②中火で両面焼いていきます。

③皮はしっかり焼いて臭みを取る。

こちら、紅鮭のごま油焼きを1日1切れ。3週間続ければ効果があると思います。

眼は実感できるからすぐ分かる。

検証した3人の方も全員良くなっていました。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。