なぜ年末を年の瀬というのか?|チコちゃんに叱られるを見て

なぜ年末を年の瀬というのか?|チコちゃんに叱られるを見て

なぜ年末を年の瀬というのか?

スポンサーリンク




年末を年の瀬というのはなぜなのか?

なぜ、年末を”年の瀬”という?

しかし、チコちゃんは知っています。
年末を年の瀬と言うのは、借金清算の攻防のときだから〜。
江戸東京博物館の眞下さんによると、年の瀬は既に江戸時代の初期には使われていた言葉。

瀬というのは川の瀬で流れが早くて、急で渡ることが難しいところを「川の瀬」といいます。

転じて、一年で最も超えるのが難しい時期をさす言葉になったということです。

なぜかというと、昔はツケで買い物をしていたため、大晦日が一年間の借金の総決算の日だったらしい。

大体盆や大晦日などにまとめて支払う、とくに大晦日は一年の締めくくり。

この日にたまったツケを支払わなければならないが、中にはお金が足りなくてツケをはらえない人との借金清算の攻防が繰り広げられたとのこと。

中には、仮病を使ったり、トイレに隠れたり、いろんな方法をとって逃げ隠れたらしい。

大晦日を越すとつぎのお盆まで取り立てが来ないからだ。

というわけで・・・

年末を年の瀬というのは?

年末は借金清算のの攻防のときで無事乗り越えるのが難しい時期だから。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!