ニセモノが本物に変わったあの家庭料理とは?|林先生が驚く初耳学から

ニセモノが本物に変わったあの家庭料理とは?|林先生が驚く初耳学から

ニセモノが本物に変わったもの、あの家庭料理?

スポンサーリンク




ビーフシチューのニセ物が・・・あの定番家庭料理に

ビーフシチューを作るときに失敗してできた料理。

林先生は知っていました。

その料理は、肉じゃが

海軍軍人の東郷平八郎がビーフシチューを作ろうとしたが、レシピもなく、材料もなかったが、日本にある調味料で作っているうちに、これはこれで美味しいとなって、今の形になったらしい。

林先生は、お見事!となり、結果

ビーフシチューから偶然誕生したのが、肉じゃがだそうです。

当時はビーフシチューに欠かせないバター、デミグラスソース、ワインなどは手に入りずらく、代わりに砂糖、ごま油、醤油などをつかった結果、偶然肉じゃがが完成したようです。面白いですね。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!