骨粗しょう症の予防に黒くてペラペラしたあの食材|名医のTHE太鼓判より

骨粗しょう症の予防に黒くてペラペラしたあの食材|名医のTHE太鼓判より

骨粗しょう症の予防に黒くてペラペラしたあの食材

スポンサーリンク




腰痛とか膝痛などの原因の一つが、骨粗しょう症というふうに考えられている。

長い腰痛とか関節痛は圧迫骨折が原因の場合もあるといいます。

関節痛と勘違いしてしまいがちな骨粗しょう症

この骨の健康に欠かせないの栄養素の代表がカルシウム。そのカルシウムを吸収するのが黒くてペラペラした食材。「みみなば」?
みみなば農家の皆さんの骨密度は
73歳男性 骨密度122%
81歳女性 骨密度128%
81歳男性 骨密度142%
77歳男性 骨密度141%
75歳女性 骨密度111%
70歳男性 骨密度113%

いずれも骨密度が高かった。

健康食材「みみなば」とは?

みみなば=キクラゲ

漢字で書くと
木耳(キクラゲ)

中国で木に生える「耳」に見えたことからこうなったという。

ビタミンDはカルシウムを腸から吸収させるのを助ける働きがあります。

キクラゲに含まれているビタミンDの量はとても豊富で食品の中でもトップクラスだそうで、積極的にビタミンDを摂ることは、骨の健康にとても重要だそうだ。

ビタミンDの含有量も2位のマイタケの約6倍と、ダントツの1位だ。

それから、ビタミンDだけじゃなく、腸を整える食物繊維も豊富たそうだ。

しかも、低カロリー。

美容と健康にぴったりの食材

日本人の9割がビタミンD不足との研究結果もあるというが、ビタミンDは簡単に増えない性質だからみたいだ。

だが、今回一日6枚程度、2週間キクラゲを食べることで、血中含有量が3人全員上がったのであった。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。