クリスマス・イブのイブって何?|チコちゃんに叱られるをみて

クリスマス・イブのイブって何?|チコちゃんに叱られるをみて

クリスマス・イブのイブって何?

スポンサーリンク




普通はイブと言えば前の日と思うのだが、どうやら違うらしい。

しかし、チコちゃんは知っていた。

クリスマスイブとはクリスマス当日の夜のことらしい。

「イヴ」eveは、evening(夜・晩)と同義の古語だそうです。

つまり、当日の夜なのです。

昔のヨーロッパの一日は日没から次の日の日没まで。つまり、24日の夜から25日の夜までだったため、24日の夜はクリスマスイブだそうです。

教会暦における降誕祭の日付の概要。

教会暦の一日は日没から始まり日没に終わるためクリスマスは24日の日没から25日の日没までとなる。

ユリウス暦を使用する正教会(エルサレム総主教庁、ロシア正教会など)では、1月6日の日没から1月7日の日没までがクリスマスである。

カトリックの典礼暦は一般の暦と同様午前0時に日付が変わるが、復活祭やクリスマスなどの祭日の典礼は前日の晩の祈りから始まる。ウィキペディアより。

日本ではクリスマスの前夜と認識されることが多く、24日全部を言うこともある。

さらに、クリスマスはキリストの誕生日でもないらしい。が、12月25日はキリストの誕生を祝う日としているそうだ。

キリストの誕生日は聖書にも書かれていなくて、候補になる日も12もあるという。

それを、3つに絞り、最終的に冬至の日、12月25日にしようと決めたという。

結果、クリスマス・イブは

クリスマス当日の夜のこと。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。