オリンピック競技人口ランキング リュージュ|最高の最下位より

オリンピック競技人口ランキング リュージュ|最高の最下位より

オリンピック競技人口ランキング

スポンサーリンク




1 位 テニス 約4,390,000人
   
最下位 リュージュ 22人

約20万分の1の差

競技人口最下位のリュージュの最高とは?

これが最高?
見方を変えれば。
オリンピックに最も出場しやすい。競技かもしれないということ。

競技人口が最も多いテニスにおいては、オリンピックに出場可能人数は6人。

つまり6/4,390,00人=70万人に1人。大坂なおみ、錦織圭の二人が当確となると、出場の可能性はさらに減少。

世界的には大人気のスポーツなのだが日本での競技人口は22人。

となると、競技人口10/22人⇛2人に1人がオリンピックに出られる計算になる。

これが最高?
登録するだけで選手になれる。
長野県の場合(一般社会人の場合)
登録料2,000円
   6,000円
保険料1万1,000円
合計1万9,000円

年齢制限もなし。

しかし、長野県連盟の登録選手がジュニアだけだそう。

小学4年生〜高校2年生の7人。人生の半分以上リュージュをやっているという。

2022年北京オリンピックを目指すという。

ということで、見た目よりかなり難しいことだということがわかった。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。