お雑煮の「雑」ってなに?|チコちゃんに叱られるより

お雑煮の「雑」ってなに?|チコちゃんに叱られるより

お雑煮の「雑」ってなに?

スポンサーリンク




なぜ縁起物のお雑煮に「雑」が使われたのか。

〝しかしチコちゃんは知っています〟

お雑煮の〝雑〟は……

内臓の「臓」~!

全国のお雑煮を研究してる柳原一成氏によると…

お雑煮の始まりは室町時代と言われている。

神様に豊作や一年の無事を祈念すると言う意味。

古くから「元旦には神様がやってくる」とされています。

門松やしめ飾りは、家に来た〝神様を歓迎するため〟の物。

お雑煮は〝神様へのお供え物(お餅や農作物)を煮て食べることで、ご利益がある〟と言われています。

なぜ縁起物のお雑煮に「雑」が使われたのか。

それは、昔は温かいものを食べて「五臓六腑」を温めると体が安定すると言われてきた。

「お雑煮」とは内臓の「臓」に由来する。

昔は温かい食事が貴重だった時代。

内臓をいたわり健康を保つ…保臓(ほぞう)
 ↓
いろいろな食材を煮炊き…烹雑(ほうぞう)
 ↓
同じ意味をもつ…雑煮(ぞうに)となった。

個性的お雑煮BEST5

5位…かき雑煮(広島)

4位…仙台雑煮(宮城)※特産の焼きハゼ使用

3位…餅なし雑煮(徳島)※豆腐としいたけ、里芋のみ

2位…あん餅雑煮(香川)※餅の中にアン入り

1位…きな粉雑煮(奈良)※お餅を食べる時は汁から取り出しきな粉つけて食べる


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!