骨粗しょう症には【みかん】β-クリプトキサンチンが効く|名医のTHE 太鼓判から

骨粗しょう症には【みかん】β-クリプトキサンチンが効く|名医のTHE 太鼓判から

骨粗しょう症には【みかん】|名医のTHE 太鼓判から

スポンサーリンク




加齢により骨が弱くなってきて骨粗しょう症となる。

骨がスカスカになり、わずかな衝撃で折れてしまう。

しかし、骨密度100%超え続出の地域が・・・

そこでは、みかんが食べられていました。

医学的に認められた新事実。

内科医の森田豊先生。

みかんを一日3〜4個食べる人はほとんど食べない人に比べて骨粗しょう症のリスクが92%も低下するとのこと。

骨粗しょう症の発症を92%も軽減してくれる。

一日3〜4個で骨や血管に効果的とのこと。

これは、みかんに入っている成分β-クリプトキサンチンが骨の再構築の骨を壊す働きを弱めてくれるため、骨粗しょう症の予防に効果的なのではないかと考えられている。

みかんは、夏みかんの15倍ものβ-クリプトキサンチンを含まれている。

そして、冬にたくさん食べておけば、夏は食べなくていいらしい。

β-クリプトキサンチンは半年間は体に蓄えられるからだという。

みかんジュースでも健康効果はある。

みかん100%のジュース300ml=みかん3個分のβ-クリプトキサンチンが摂取できるとのこと。

効率よく料理し普段からβ-クリプトキサンチンをとっていこう。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。