間違いだらけの俗説 低血圧は朝が弱いは…|林先生が驚く初耳学より

間違いだらけの俗説 低血圧は朝が弱いは…|林先生が驚く初耳学より

「朝弱いのは低血圧だから」と言う言い訳は通用しない!

スポンサーリンク




医学的な根拠によって通用しなくなった!

初耳学認定!

なぜ「朝弱いのは低血圧だから」は通用しないのか?

先生によると、朝起きられない原因は低血圧ではなく、自律神経のみだれであることが多いと言われています。

人間の脳は起きている時は活性化し、眠るときには落ち着いた状態へと切り替わるのですが、自律神経が乱れてこの切り替えがうまくいかない人が、朝弱い。

では低血圧だと朝起きられないはなぜ広まったのか?

自律神経の乱れは

疲労感  頭痛  睡眠異常
吐き気  肩こり  多汗
低血圧  動悸  手足のしびれ

実は自律神経の乱れによって起こる数ある症状の一つが〝低血圧〟そこで朝起きられないことと、短絡的に関連付けられてしまい、朝弱いのは低血圧が原因と誤解されていたのです。

自律神経が乱れる原因

食事・運動不足・夜更かしなどの不規則な生活習慣。

★やはり体はデリケート。規則正しい生活が重要。うまく切り替えていこう!


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。