日本人の怒り【奥様、シニア、女子高生、サラリーマン】|新説!所JAPANより

日本人の怒り【奥様、シニア、女子高生、サラリーマン】|新説!所JAPANより

日本人の怒り|新説!所JAPAN

スポンサーリンク




奥様の怒りランキング

1位 夫への不満
2位 PTA
3位 国会議員への不満
4位 しきたりが多い
5位 税金が高い

夫はやってるつもりでも中途半端な家事に奥様の怒りが爆発。
ちなみに、江戸時代の離婚率は今より高かった。3割を超えていたという。

シニア世代の怒りランキング

1位 マナーの乱れ
2位 年金が少ない
3位 政治への不満
4位 景気の悪化
5位 消費税増税

マナーの乱れは自転車、ゴミ捨て、電車・バス、歩きスマホといろいろだ。
ちなみに、江戸時代にも歩きながらの行為はあったそうだ。考えてみたら二宮金次郎なんかもそうだ。
日本人は時間効率を上げたがる国民性があるとのこと。

スポンサーリンク





女子高生の怒りランキング

1位 校則
2位 先生が理不尽
3位 マナーの乱れ
4位 消費税増税
5位 政治への不満

校則への怒りは頭髪、靴下、スマホ、スカートの長さとなっているが、こうしたますます理不尽さを増す今の校則がブラック校則とよばれている。
例えば●休み時間の私語禁止とか●地毛証明書の提出などさらに●下着の色は白のみなどがあった。
ちなみに、江戸時代は身なりで世の中を変えた。庶民か武士かを一見してわかるようにしたのだそうだ。
しかし、祭りの時など庶民は服装規則を破ることを楽しんでいたそうだ。

サラリーマンの怒りランキング

1位 奥様への不満
2位 働いてるのに給料が少ない
3位 会社/上司への不満
4位 政治への不満
5位 消費税増税

一番多かったのが奥様への不満。小遣いが少ないが多く、サラリーマンの平均お小遣いは3万9836円でバブル期のおよそ半分に。
外国人から見ると男女平等だそうで、日本人の男性はかわいそすぎるそうだ。
ちなみに、江戸時代は家計管理をしていたのは武士で小遣いは妻に渡して妻はそれでおかずなどを買っていたらしい。

以上、奥様の怒り1位は夫への不満でサラリーマンの怒り1位は奥様への不満だそうだ。

なんだかんだで円満なのかもしれない。

不満とは、期待が満たされない。何が満たされないかというと期待があるからだという。

怒りは相手の夢を語れば解決できる。とのこと。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。