カレーパンを揚げるのはなぜ?|チコちゃんに叱られるより

カレーパンを揚げるのはなぜ?|チコちゃんに叱られるより

カレーパンを揚げるのはなぜ?

スポンサーリンク




でも、チコちゃんは知っています…

カツレツに見せるため~

大正の終わりから昭和の初めにかけて、洋食ブームだった。

その中で2つの人気の商品の「カツレツ」「カレーライス」の2つのいいところミックスして出来上がったのが、カレーパン。

カレーパンを最初に作ったのは、東京の森下にある。

今でも行列で並んでいる。

考案したのがイケメンの2代目。

その頃、経済危機でどん底の時代。助け合いながら生きていた。

震災などがあり、このパン屋さんも全壊。

その頃の心の支えが奥様だった。

寝込んでいた奥様の「カツレツが食べたい」との声に奮起。

その頃はカツレツは高価なもの。カツレツのようなパンを作る。

揚げてみると、なんと「カツレツ」みたいだ。

カツの代わりに何を…。その頃の人気のカレーライス。

カツレツに似せてパンを揚げる

カレーが漏れ出ない偶然の産物

奥様の美味しいの声にカレーパンが出来上がった。

というわけで、

「カレーパンを揚げるのはなぜ?」

「カツレツに見せるため」


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。