ホットドッグはなぜドック?|チコちゃん

ホットドッグはなぜドック?|チコちゃん

ホットドッグはなぜドック?

スポンサーリンク




でも、チコちゃんは知っています!

実はダックスフントだったけど、つづりがわからずドッグと言ってしまったから~

ホットドックには、ソーセージが挟まれている。

「フランクフルター」と呼ばれているソーセージが使われている。

このフランクフルターはドイツからアメリカへと伝わる。

1860年ころはアメリカに移住したドイツ人が手で持つと熱いので、パンに挟んで売り歩いていた。

「フランクフルター」と呼ばれ非常に人気はあったそうだ。

フランクフルターソーセージはダックスフントに似ているということで、ダックスフントソーセージと呼ばれていた。

茶色の見た目と細長い形状。その見た目がダックスフントに似ていた。

このダックスフントソーセージを売っている様子を漫画にしたいと思って筆をもった。

そして新聞の漫画にかくことになったが、ダックスフンドのスペルがわからなかった。

作者は頭を抱えていた。

Dogと書いてしまおう!!

こうして、ダックスフントのつづりがわからず、ドッグと書いたまま新聞に掲載になる。

それが、全米で大きな反響を呼んだため〝ホットドッグ〟と呼ばれるようになった。

その漫画の本物の原稿は今は残っていない。

※1934年に日本に初めてホットドッグが登場した時には、日本人はソーセージが物珍しかったのか、多くの日本人はソーセージを食べず、パンだけを食べたそうだ。

●ホットドッグの名前の由来については諸説あります。ご紹介したのは、監修してくださった専門家の見解です。

ということで…

ホットドッグがドッグなのは…

実はダックスフントだったけど、つづりがわからずドッグと書いてしまったから…

ソーセージがダックスフントに似ているという発想がすごいと思った。

個人的にホットドックは大好き。マスタードとけケチャップの組み合わせが最高に感じるのは、ホットドッグが一番。

でも初めて日本にホットドッグが来た時に、パンしか食べなかったのはもったいない気もするが、その当時はパンも珍しかったのかな。

やっぱり初めて食べるものは、どこか興味はあるが、怖いかもしれない。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。