なぜ公衆電話は50円が使えないのか?|チコちゃん

なぜ公衆電話は50円が使えないのか?|チコちゃん

なぜ公衆電話は50円が使えないのか?

スポンサーリンク




専門家の受け売り情報

公衆電話で50円玉が使えない理由・・・。

公衆電話の内部に10円玉、100円玉を選別する機械がある。

50円玉を選別するためには機会が複雑になり、公衆電話が大きくなってしまう。

設置スペースは限られているために電話機を大きく出来ない。

そのため10円玉、100円玉のみが使用できるようになっているとのことだった。

その後チコちゃんが岡村にバレンタインチョコをあげると、キヨエちゃんが・・・

岡村ばっかりずるい!・・・岡村ばっか・・・岡村ばか・・・

岡村のバカー!で締めました。

ということで…

公衆電話で50円玉が使えない理由・・・。

公衆電話の内部には10円玉、100円玉を選別する機械があるため50円玉を選別するためには機会が複雑になり、公衆電話が大きくなってしまうから。

今の若者は公衆電話の使い方が分からないひとが多いそうだ。

公衆電話ボックスも大分少なくなり見なくなった。

スマホの時代の現在では仕方のないことだが、公衆電話は風情があり、なんかドラマチックな存在である。

その他に災害時に通信手段としても大事な役割を果たすといわれている。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!