ろくでなしのろくって何?|チコちゃんに叱られるより

ろくでなしのろくって何?|チコちゃんに叱られるより

ろくでなしのろくって何?

スポンサーリンク




まっ平ら~

一般的にまともじゃない人や道楽者などに対して使う。

この〝ろく〟という言葉〝ろく〟を否定して悪い意味でろくではないという言い方をしますよね。

ろくに寝てないとか彼女とろくに話せないとか使うが、もともと〝ろく〟という言葉には、悪い意味はないんですね。

戦国時代の末期にポルトガル人の宣教師がまとめた日葡辞書(にっぽじしょ)によると〝ろくな〟の意味は〝平たんなこと〟で〝平らでなだらかな道〟と書かれています。

つまり、ろく=水平・まったいら。

この〝ろく〟を漢字で書くと〝陸〟になるんですが、今でも建築業界では、水平や平らの意味で使っています。

平らじゃないが、転じて普通じゃない、まともじゃないということをろくでなし。というようになった。

実は、辞書の〝ろくでなし〟や〝ろくな〟にはもともとひらがなの〝ろく〟に〝碌(ろく)〟という感じを当てたものなんですが、この〝陸〟とこの〝碌〟の正反対の意味を持つ。

江戸中期より前の文献のを使っている。

江戸中期以降、が使われる。

1684年の書物では「家の歪みを陸に」と陸のろくが使われていますが、江戸中期以降は「碌なことではござるまい」など否定的な表現とともに石偏の「ろく」が使われています。

恐らくですが、ろくでなしやろくでもないが、流行り言葉のように多く使われるようになり、ろくでなしの言葉自体の意味にあわせて、石がゴロゴロしている意味の漢字、碌を当てた。

石偏の「ろく」は当て字と書いてあります。

ということで…

ろくでなしのろくは…

まっ平らだから…

ろくでなしといえば長渕剛の歌、ろくなもんじゃねえが思い出される。
あまり上品な言葉ではないようだが、江戸時代から使われていたみたいだ。
普段あまり使わない言葉だが、自分自身を振り返ったときやはりろくなもんじゃなかったなー、と思わざるを得ない。
しかし江戸中期より前はを使っていたが江戸中期以降、が使われて全く意味が違うとはしらなかった。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!