二ホンとニッポンなぜ2つの読み方がある?|チコちゃんより

二ホンとニッポンなぜ2つの読み方がある?|チコちゃんより

二ホンとニッポンなぜ2つの読み方がある?

スポンサーリンク




確かに日本の正しい呼び名「ニホン」と「ニッポン」を学校で習った記憶がないがなんとなく使い分けてきたのかあまり意識してこなかった。

チコちゃんなら正しい答えを知っているのか・・・

しかしチコちゃんは知っています…

「ニホン」と「ニッポン」2つの読み方があるのは
江戸っ子がせっかちだったから~

日本の読み方なんですが、もともとはニッポンという読み方。

そもそも我が国が国名にこの漢字を使うようになったのは、奈良時代のこと。

奈良時代の人々は、中国から見て太陽の出る方角。

つまり「日の本(もと)」に位置することから「日本」と漢字2字を当てて書いたと言われています。

中国史の文献「新唐書」の中にも書かれています。

そこには、奈良時代国名を漢字2文字に改めるということを中国に伝えに行ったと記録されています。

奈良時代我が国では、この漢字を「ヤマト」と呼んでいたそうなんですが、中国語の発音では、ニエットプァン。

当時の中国では、この漢字をそのまま中国語読みしてニエット→日本 プァン→本と発音していたのです。

平安時代にかけて、中国との国交が盛んに!

多くの僧侶や語学講師が我が国に訪れ、ニエットプァンが広まっていったといいます。

でも「ニエットプァン」という発音ってとてもしにくいですよね?

だからニッポンというふうに呼ぶようになっていったんです。

では、もともと「ニッポン」だったのに「ニホン」というようになったのは、いつ頃なのでしょうか。

「ニホン」が定着したのは、江戸時代。

せっかちな江戸っ子のせい。

とにかく簡単にしゃべろう。

「ニッポン」は室町時代に入ると「ニッフォン」と変わり、江戸時代、せっかちな江戸っ子たちによって、さらに「ニホン」と簡略化されたそうです。

つまり、二ホンと言う呼び方は江戸っ子が作ったと言ってもいいかもしれませんね。

現在では、どちらが正しい言い方なのでしょうか。

国の正式な名前という時には、ニッポンということを基本にしています。

ニホン・ニッポン問題は84年間議論。

約10年前にやっと決着がついた。

昭和9年・16年と「ニッポン」に統一しようと議会で検討されるも保留。

2009年9月30日、衆議院で提出された質問主意書に対し、時の首相麻生太郎氏が結論を出した。

二ホン・ニッポン問題を〝どちらでもよい〟と回答。

この答弁が政府の正式な見解とされているのです。

白黒つけないのが日本文化の奥深い所。

日本人らしくてとてもいいんじゃないかと思います。

ということで…二ホン・ニッポン読み方が2つあるのは…
江戸っ子がせっかちだったから~

おわりに

しかし、2009年9月30日、首相であった麻生太郎氏が二ホン・ニッポン問題を〝どちらでもよい〟と、結論を出したとは知らなかった。

平安時代は日本をニエットプァンと呼んでいたんだなー。当時の人にとってはずいぶんいいずらかったろうと思った。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!