鼻の穴が2つあるのはなぜ?|チコちゃんより

鼻の穴が2つあるのはなぜ?|チコちゃんより

鼻の穴が2つあるのはなぜ?

スポンサーリンク




しかし毎回感心するが、面白い話題を見つけてくるなと。鼻の穴が2つあるということにもそれなりの理由があってのことで、長い人類史の中で無駄なものはないんだなとあらためて考えさせられた。

そうなると、ひげ、わき毛なども何かしら重要な役割をもってはいるが、今は、男性も女性もエステに通い、大事な役割を無視し、綺麗な体になりつつある。

近い将来、髭なども退化してしまうのだろうか・・・?

しかしチコちゃんは知っています…

ステキな恋人を見つけるため~

文京学院大学 保険医療技術学部 教授
樋口先生

太古の昔人類の祖先は視覚が発達しておらず、嗅覚に頼って生きていた。

私達の祖先が一番頼りにしていた感覚が嗅覚。

生きるために必要な食べ物や獲物探しを嗅覚にたよってました。

最も重要な子孫を残すことも嗅覚に頼って相手を探していた。

その証拠に今でも動物たちは体臭を出して異性を引きつけている。

匂いの場所の特定に鼻の穴が左右に1つずつ、2つ必要だった。

こうして我々は2つの鼻の穴でステキな恋の相手と出会うことができ、人類が栄えることにもつながったともいえる。

私達の祖先の段階では、鼻の穴が4つあった時期もあるという。

魚類が今も4つあり水の中に漂っている物質を匂いとして感じ取ります。

水が入ってくる穴と出る穴に分けたことで水の流れに乗って効率よく匂いを嗅げるようになった。

もともと水の入って来る穴が私達の目頭に涙点というちいさな穴として残っています。この涙点は魚だった頃の名残で今でも鼻の穴とつながっています。

人の顔の発生を見てもよく分かるという。鼻の発達が早いことがわかる。

諸説あります。

ということで鼻の穴が2つあるのは・・・
ステキな恋人を見つけるため~

  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

PM2.5・花粉・ウイルス対策に【レンタル空気清浄機】