エイプリルフールってなに?|チコちゃんより

エイプリルフールってなに?|チコちゃんより

エイプリルフールってなに?

スポンサーリンク




よく小さい頃4月1日だから、うそをついてもいいんだよと言われ、逆に構えてしまってウソがつけなかったのを思い出す。

準備してまでウソはつけないものだ。

ウソって突然ついてしまうことが多いような気がする。

でも、ウソをつくといつかは、苦しくなってしまうから、やっぱり正直にいきたいものである。

しかしチコちゃんは知っています…

時代遅れの人たちをからかう日~

フランスが1年の始まりを1月1日と決めた時にその新しい風習になじめなかった。

時代遅れの人たちをからかったことがきっかけとして始まったと言われているんです。

紀元前1世紀ごろ古代ローマで、1年の始まりは1月1日と決められました。

しかし、9世紀ごろローマ・カトリック教会が発したある呼びかけによって、1年の始まりが変化していくことになりました。

〝1年をキリスト教の祝日スタートに変更しなさい〟

当時暦や時間は「神様が決めるもの」とされており、協会がこれを決めるのは当然のことと主張。

国を挙げてキリスト教を信仰していたフランス国民たちは1年の始まりを「キリスト教の祝日」に変更することにしました。

ところが、どのキリスト教の祝日にするのか、フランス国内でも地域によってバラバラに。

キリストの誕生を祝う12月25日のクリスマスからある地域では、3月下旬~4月下旬のどこかで行われるキリストの復活祭りから。

ある地域ではキリストの母マリアが、キリストをみごもった3月25日からと地域ごとに違った「1年の始まりの日」を設定してしまったのです。

そんな暦が500年以上も驚き、ついにフランス国王からお触れが出されます。

〝1年を1月1日スタートに戻しなさい〟

こして1年の始まりは1月1日へと戻ることになりました。

ところが、フランス全土に情報が行きわたるのに時間がかかり変更後も「キリスト教の祝日」を1年の始まりとして、新年を祝いつづける人がいた。

すると「1月1日」が1年の始まりだと知っている人は、キリスト教の祝日に1年の始まりを祝い続けている人に「ハッピーニューイヤー!」…今日は1年の始まりじゃないよ~とウソの新年を祝う手紙を送り、時代遅れの人たちをからかうようになった。

いつしか4月1日は「ウソをついてもいい日」へと変化。

現在のエイプリルフールになった。

エイプリルフールの起源には調べれば調べるほど本当のことがわからなくなってしまうんです。

★諸説ありすぎるエイプリルフールの起源

★4月の魚説 フランス

4月→サバが〝バカみたいに〟たくさん釣れる
だまされるバカな人→「4月の魚」と呼ぶようになった。
4月になったその日に誰かをだます風習ができたという説。

★魚にだまされた説 フランス

4月1日は漁の解禁日だったが、魚が釣れず「魚にだまされた」→だまされる日になったという説。
エイプリルフールを魚と結びつけることが多いフランス。

フランスのエイプリルフールは魚の形に切った紙をばれないように背中に貼りつけるという遊びをしている。

などなど多くの説があります。

ユーモアの本場イギリスではかなり気合がはいっているようです。

ということでエイプリルフールってなに?
時代遅れの人たちをからかう日~

いろんな説が沢山あるんだな。

日本からの言い伝えはないものか…。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

PM2.5・花粉・ウイルス対策に【レンタル空気清浄機】