おはぎとぼたもちの違いは|チコちゃん

おはぎとぼたもちの違いは|チコちゃん

おはぎとぼたもちの違いは

スポンサーリンク




丁度今はお彼岸の時季。

スーパーには手作りのおはぎがいっぱい。

彼岸だんごもあるが、私はやはり〝おはぎ〟かな。

私の母は、普通にご飯をお茶碗に盛り、あんこをかけて食べる。

同じようなものだが、何か微妙~。

しかし、今はおはぎといっても色んな種類がある。

最近みたのは、桜あん。ピンクで春彼岸にはぴったり。

ぜひ食べてみよう。

でも小さい頃はおはぎと言わず、ぼたもちって言って様な気がする。

違いはなんだろう~。

しかしチコちゃんは知っています…

秋か春か~

おはぎ=ぼたもち

食べ物自体は同じ。

丸めたもち米にあんこをつけたものを「おはぎ」・「ぼたもち」と呼んでいる。

古くから日本では赤い色には魔よけの効果があると信じられてきました。

だから巣鴨のパンツも赤いのです。

その小豆をたくさん使ったおはぎやぼたもちは邪気を払う食べ物として、先祖の供養のためお盆やお彼岸の時期に食べられてきました。

なぜ名前が2つある?

もともと大きさの違いがきっかけで、

おはぎ=小さいもの
ぼたもち=大きいもの

漢字にそのヒントが隠されている。

おはぎは「萩の花」から
ぼたもちは「牡丹の花」から付いた名前。

萩の花が散って地面に落ちた様子に似ていることから「萩の餅」と呼ばれるようになった。

中でも小さく上品に作られた「萩の餅」のことを丁寧な言葉遣いで「お萩」と呼ぶようになったのです。

萩の花が咲くのは、秋。

秋のお彼岸に食べるものを「おはぎ」と呼ぶようになっていった。

一方ぼたもちは中でも大きな「萩の餅」のことを指します。

小豆は高級品だったためおはぎが食べられるのは年に数回。

集まった人達に振る舞うおもてなしとして、萩の餅を大きく作るようになりました。

これを大きく華やかな牡丹の花に例えたのです。

そして、牡丹の花が咲くのは、春。

春のお彼岸に食べるものを「ぼたもち」と呼ぶようになっていった。

今ではどちらの言葉も厳密な線引きなく使われているといいます。

●街ゆく人に聞いた全国の個性的&おいしいおはぎ・ぼたもち
勝手にベスト5

第5位 いもがいもち
(富山県発祥=特産である里芋を、かつて高価だったもち米を節約するために混ぜてその粘りを利用して作ったおはぎ)

第4位 きなこおはぎ
(普通の「きなこおはぎ」と思いきや中にはあんこが!黄色いきなこは稲穂に表し米の豊作祈願となることから関西地方の農村によく見られる)

第3位 ずんだおはぎ
(宮城県=枝豆を茹でてすりつぶしたあんで作られています)

第2位 納豆ぼたもち
(山形県=冬の保存食納豆としょうゆをからめて頂きます)

第1位 くるみおはぎ
(長野・岩手県=特産のくるみをふんだんに使い砂糖と塩で甘じょっぱく味付けした「くるみの粉」に包まれています)

ということでおはぎとぼたもちの違いは

秋か春か~

なるほど。それより、今はぼたもちが食べたい。

岩手だけど、くるみおはぎは初めて聞いたな。

ぜひ、試してみよう!


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

PM2.5・花粉・ウイルス対策に【レンタル空気清浄機】