お寿司が2つ一緒に出てくるのはなぜ?|チコちゃんより

お寿司が2つ一緒に出てくるのはなぜ?|チコちゃんより

お寿司が2つ一緒に出てくるのはなぜ?

スポンサーリンク




しかしチコちゃんは知っています…

食べやすくなるため~

握り寿司を発明した華屋与兵衛が食べやすいようにと気遣った。

握り寿司は江戸時代に生まれた。

握り寿司の発祥は華屋与兵衛説と堺屋松五郎説

華屋与兵衛は東京・両国で「与兵衛鮨」を始める。

当時の寿司のネタはアナゴ、エビ、コハダ、マグロなど。

なぜ2つ一緒に出すようになった?

その頃はまだ、2つ一緒には出されていませんでした。

当時の握り寿司はとっても大きい握り寿司。

今のものと比べるとその差は歴然!

江戸時代と現代では2倍以上の大きさ。

一つ食べるだけでお腹がいっぱいになりそうです。

握り寿司はもともと押し寿司を参考にしたので、大きかったのではないかと言う。

なぜ小さくなったのか?

昔のお寿司は大きくて食べづらく、この様子を見て華屋与兵衛は「下品」と考えたそうです。

明治に書かれた本にも「華屋与兵衛が、下品と言った」とする記述がある。

そこで食べやすいようにお寿司を小さくしようとすると問題発生!

お客さんにしてみれば今まで、大きいの食べてるわけですから、なんてセコイなんだろうと、ケチなんだろうと。

確かにお握りサイズのお寿司に慣れていたお客さんからすれば、お寿司が小さくなったら損をした気分になるかもしれません。

食べやすく客も満足できるように、同じものを2つ一緒に出すようになった。

更に、この2つ一緒に出す握り寿司には、日本人が大切にしているあることが含まれています。

日本人は2つ並べた方が縁起が良い。

狛犬、仁王像などがある。

日本人は左右対称に神々しさを感じているのかもしれない。

そしてこの2つ並べるスタイルができた。

ということでお寿司が2つ一緒に出てくるのはなぜ・・・

食べやすくなるため~

  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

PM2.5・花粉・ウイルス対策に【レンタル空気清浄機】