なんで猫は魚好き?|チコちゃん

なんで猫は魚好き?|チコちゃん

なんで猫は魚好き?

スポンサーリンク




今はペットを飼ってる家が多い。私はずっとインコを飼っていた。

一度飼うと家族に一員でとてもとてもかわいいものだ。

だが、今ペットを飼う上での飼い主の飼い方が色々と問題になっている。

どうかどうか大事に飼ってほしいものといつも思う。

今回はチコちゃんが猫のエサについて教えてくれた。

おもしろいぞ~。

しかしチコちゃんは知っています…

日本人が魚好きだから~

そもそも猫はライオンなどと同じ肉食動物ですから、もともとねずみや鳥などの肉を食べる。

猫のエサは魚入りのキャットフードが多い。

日本以外の国では、牛肉、鶏肉、いのしし…。

なぜ猫は魚好きになった?

私たちに馴染み深い家猫の祖先は「リビアヤマネコ」。

それは約一万年前から飼われている。

ねずみ駆除のために飼われていた。

古代エジプトから世界各地へ猫は伝わる。

もともと日本にペットの猫はいなかった。

奈良時代から飼われていたと言われている。

一部の貴族が猫を飼っていた。

猫が増えたのは江戸時代。

徳川綱吉が出した生類憐みの令

生類憐みの令の以前は、一般的に猫はつないで飼っていた。

生類憐みの令が出たことで、猫をつなぐことを禁止。

放し飼いとなり爆発的に増えた。

庶民も猫を飼うようになった。

そこで何を食べていた!?

猫のエサは人間の食べ残しの魚がメインとなった。

江戸時代は一般的に肉を食べなかった。

食事の中心は米と魚だった。

猫はエネルギー源として、たんぱく質が必要。

江戸時代簡単に食べられるたんぱく質→魚→猫は魚好きというイメージが定着。

猫の味の好み・こだわりは乳離れ後の約12週間に食べたものに決まる。

日本の猫が魚を好むのは、ほとんど生まれた時から魚を食べているから。

メキシコはとうもろこし。酪農が盛んなスイスではチーズ。イタリアのシチリア島の猫はトマトソースのパスタが大好物。中には麺をすする猫もいるとか…。

住む場所によってエサが違うことに驚き。

パスタまで食べる猫はおもしろいと思った。

なかなかエサ一つでも奥が深い話だった。

ということでなんで猫は魚好き?
日本人が魚好きだから~

  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

PM2.5・花粉・ウイルス対策に【レンタル空気清浄機】