なぜティーカップにはお皿がついてる?|チコちゃんより

なぜティーカップにはお皿がついてる?|チコちゃんより

なぜティーカップにはお皿がついてる?

スポンサーリンク




しかしチコちゃんは知っています。

カップがポットでお皿がカップだったから~。

もともとティーカップについているお皿は紅茶を注いで飲むための器だったんです。

紀元前2700年頃の中国と言われています。

日本にお茶が伝わったのは平安時代9世紀のはじめ頃。

その後17世紀初頭になるとオランダの貿易会社が日本から茶を輸入し始めたことで、ヨーロッパ全土にお茶の文化が広まって行きました。

ヨーロッパに初めて伝わったお茶は日本から輸入した緑茶だったんです。

つまりヨーロッパでお茶が飲まれるようになったのは日本から輸入した緑茶が始まりだった。

それから中国からの緑茶の輸入が主流になっていきました。

当時緑茶は、「東洋の神秘薬」と呼ばれていました。

飲むと長寿になるとか「病気が治る」などと考えられていて西洋の人にとってはまさに憧れの飲み物でした。

その後17世紀中頃、中国で紅茶が誕生。コクのある味わいが西洋人の好みに合い、貴族から庶民まで紅茶を飲むようになりました。

スポンサーリンク




しかし、大きな問題が・・・

お茶を入れるためのティーポットがなかったんです。

お茶が輸入され始めた頃、オランダ、イギリス、ポルトガルの3国はアジア諸国との貿易の支配権を争っていました。

中国からお茶を輸入していたオランダやイギリスはお茶を飲むためのティーボウル、つまり茶碗の輸入はしていたのですが、お茶を作るためのティーポットつまり急須はポルトガルに独占されていたため輸入できなかったのです。

そのため値段はとてつもなく高くごく一部の貴族しか手に入れられなかった。

お茶を飲みたいのに入れるためのティーポットがない。

直接ティーボウルに茶葉・お湯を入れそこから直接飲んでいた。

この飲み方はまたたく間にヨーロッパ全土へ広がっていきました。

しかし、茶葉が口に入ってのみづらい。そこで登場するのがお皿にお茶を注ぐことで口の中に茶葉が入らずにお茶が飲めると考えたのです。

当時ティーボウルと一緒に輸入されていたお皿がよく似た柄で違和感がなく自然と受け入れられるように。

昔はズズズズズと音をたてて飲むのがエチケットとされていた国もあるんです。

18世紀になるとヨーロッパでもティーポットが作られるようになりお皿にお茶を注ぐ習慣はなくなっていきました。

その後ティーボウルは持ち手がついて「ティーカップ」と呼ばれるようになり、現在のティーカップのセットになったのです。

つまりティーカップにお皿がついているのはこの当時の名残。現在では受け皿として役割を変えながらも紅茶を飲むときにはなくてはならない存在となっているのです。

ということでなんでティーカップにお皿がついているのは・・・
カップがポットでお皿がカップだったから

諸説あります。

日本に紅茶が入ってきたのは明治時代。イギリスから伝わったとされています。
当時の政府は、日本での紅茶生産を目指し、各地に紅茶の試験場をつくったり、中国やインドに製造技術を学んだりしましたが、高品質な紅茶はつくれませんでした。

1906年、輸入食材店の老舗、明治屋がリプトン紅茶を輸入し、販売を開始。ハイカラな飲み物として、たちまち上流階級の人たちに受け入れられました。追って、1972年、三井紅茶(現在の日東紅茶)が日本初の国産紅茶の販売を開始。そうして、紅茶は一般家庭でも飲まれるようになっていきました。

1971年、紅茶の輸入が完全に自由化されると、世界中のいろいろな紅茶が日本にいながら楽しめるようになります。現在、日本で消費される紅茶のほとんどは輸入品ですが、静岡や熊本、三重などで上質な国産紅茶が生産されています。
出典:https://world-tea-dictionary.com/


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!