有働由美子、未来のクルマ社会を学ぶ|スッキリより

有働由美子、未来のクルマ社会を学ぶ|スッキリより

コネクテッドカーの未来

スポンサーリンク




高齢者による事故、免許返納、あおり運転のない、思い描く未来のクルマ社会。

クルマは単なる移動手段ではなく、ドライバーお客様と心を通わせる存在となる。

日本全国のビックデータが渋滞情報をコネクテッドカーから得る。

コネクテッドカーとは
インターネットに常時接続できるクルマ。、ICT端末としての機能を有する自動車のことであり、車両の状態や周囲の道路状況などの様々なデータをセンサーにより取得し、ネットワークを介して集積・分析することで、新たな価値を生み出すことが期待されている。

2025年までに市場規模は2兆円になるという。

コネクテッドカーから随時情報を送っていくことで、よりこまかい、より今の情報が入る。

災害でも活用。

さらに自動運転でも技術が活躍。
自動運転はクルマのセンサーを使って、いろんな物体をよける、が1km先、10km先で何が起きてるか自動運転車じゃわかりません。

そこで、ビックデータ・インターネット・AIの情報でこの道は避けよう、右寄りで走ろう。ともっと安全・快適に走るようになる。

人工知能AI実力は?

クルマのAIは目的地に特化しているため、スマホなどの検索より精度がいい。クルマで移動しているシチュエーションだとわかっている。

細かいリクエストにはコネクテッドカーからオペレーターにつなぎ、聞くことができる。

そして、目的地までのコースデータを車に送る。
ドライバーが操作する必要なし。

オペレーターはコネクテッドセンターから24時間365日対応してくれる。

年間300万件のリクエスト! スピーディーにお客様のニーズに応える。

個別にドライバーにあわせ細やかな対応。

人とクルマの豊かなコミュニケーション。

未来・・・人とクルマは一歩進んだ関係へ。

今日は何かお客様が調子悪いなと思ったら、「今日何かあったの?」と、クルマが聞いてくる。

「実はね今日ねつまらないことがあったんだよ」と言うと。

クルマの方は
「気分が良くなるようないつもの音楽をかけましょうか」とクルマのオーディオが動き始める。

そして、クルマは次どこへ行くかわかっている。

そういったことができるようになってくる。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!