ネット詐欺(サポート詐欺)に注意!|世界一受けたい授業より

ネット詐欺(サポート詐欺)に注意!|世界一受けたい授業より

サポート詐欺に注意!

スポンサーリンク




サイバー犯罪の検挙件数は年々増加。

昨年は9040件と過去最多に!

ネット詐欺の手口は日々に巧妙化しています。

お金や個人情報の話が出たらまずは警戒することが大事。

そんな中、芸能界にもネット詐欺の被害に遭った人物が・・・
尾木直樹さん(尾木ママ)

尾木 僕はね絶対に騙されないと200%自身があった。

それが騙されちゃったのよ。

尾木ママが騙されたのは・・・
サポート詐欺という近年急増している詐欺で偽のセキュリティソフトを購入されたりサポート契約をさせてお金を騙しとる。

2018年は6346件が詐欺の被害にあっています。

どのような被害にあったのか?

自宅のパソコンでネット検索していると、突然警告音とともに、画面に「ハッキングされました」という警告文が。

ハッキングとは
不正にコンピューターに侵入しデータや個人情報を盗む犯罪。

消そうとしても、消えない。あせっていたら、警告画面にサポートセンターの電話番号が書いてあることに気づいた。

急いで電話すると、被害の拡散を防ぐためにはセキュリティソフトを入れてくださいと、そしてカード決済するのでクレジットカード番号を教えてください。

クレジットカード番号を教えるなんて、そしたらプリペイドカードだったらコンビニに行って・・・

支払いは15分以内というので、急いでコンビニへ、プリペイドカード番号を伝えると数分後に警告画面も警告音も消えた。

実はこの警告音は偽の警告音でウィルスに感染はしていなかったのです。

結局28000円を騙し取られたのです。

サポート詐欺対策
警告画面の連絡先には絶対に電話しない。
そして警告画面のボタンはクリックしないこと。
そしてウェブサイトを閉じる。

  

番組公式ページへ

スポンサードリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!