天皇皇后両陛下 即位後初の宮中祭祀に臨まれる|ワイドスクランブルより

天皇皇后両陛下 即位後初の宮中祭祀に臨まれる|ワイドスクランブルより

伝統装束を身にまとわれ初めての宮中祭祀

スポンサーリンク




天皇・皇后両陛下が即位後初の宮中祭祀に臨まれました。

今日の儀式は皇室の祖先や神々を祭る宮中三殿で秋の即位の礼や大嘗祭の日程を奉告するもので天皇の伝統装束黄櫨染御袍(こうろぜんのごほう)をお召しになった陛下は真剣な表情で拝礼されました。

そして皇位のしるしとされる「三種の神器」のうち、剣と璽(勾玉)を侍従が携えて随行。

皇祖神とされる天照大神をまつる「賢所」から順に三殿を参拝された。

そして、皇后・雅子さまも伝統的な装束を着て拝礼されました。

天皇陛下に続き、皇后さまも宮中三殿に進み拝礼されました。

皇后さまは髪をおすべらかしという伝統的な髪型に結い上げ、十二単に似た伝統的な装束を着て即位後初の宮中祭祀に臨まれました。

皇后さまが三殿全てに参拝するのは療養に入る前年の2002年以来とります。

ということで、歴史と伝統の詰まった装束となりますがとても重いんでしょうね。

おすべらかしもそうですし、お召し物もね。

こういうのを現代で見ることができるのは貴重なことです。

黄緑に赤が映えていて、今の季節にもぴったりという季節感で素敵でした。

秋の即位の礼、大嘗祭をこの日に行いますということを奉告するという儀式でした。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!