真の慈悲心

真の慈悲心

お釈迦様のご在世の頃のお話しである。

お釈迦様が比丘らに対して 比丘達よ慈悲の心を修め、すっかり身につけたならば、そこに安住することを得て、もはや何物をも恐れることはないであろう。

妊娠を希望する方、妊娠中・授乳中の方にオススメのやさしい葉酸サプリ♪



たとえ鬼神がなんじらの心をかき乱そうと思っても思うようにすることはできないであろう。 とおっしゃった。

しかし、慈悲心をおさめることはけっして生易しいものではない。

それは人間の本性のなかにあるものだからで、例えば我が子はかわいい。妻はいとおしい。とか、またはそれらが悲しい目に会えば、自分ごとのように悶え苦しむのがそれである。

しかし、それが当たり前ではないだろうか? でもそれでは自己の範疇から抜け出ていないのである。 その心を生きとし生けるものに拡げてゆくのが本当の慈悲というものであるという。

しかし、それを拡げようとすると、さまざまな妨げにあう。

貪り、怒り、愚かな利己心などがそれを妨げる。せまい愛国心などもそうである。

その妨げを一つ一つ焼き尽くし、なくして、鍛えに鍛えてはじめてかぎりなき慈悲心となる。

慈とは相手を慈しむことであり、悲とは相手の苦しみを抜いてあげることである。

いずれも、相手が先にあり、自分はもはそこにはいないのである。

ひとを本当に救うときには、自己は何処にもない。

それがわかって本当の慈悲の意味を知るのである。 生半可じゃ慈悲の心は修せないんだなー。

スポンサーリンク

 


妊娠を希望する方、妊娠中・授乳中の方にオススメのやさしい葉酸サプリ♪

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。