年間で1人300枚消費”レジ袋”無料配布禁止へ|ワイドスクランブルより

年間で1人300枚消費”レジ袋”無料配布禁止へ|ワイドスクランブルより

今、世界的にゴミとなったプラスチック製品による環境問題が進んでいる。

スポンサーリンク




原田環境大臣
レジ袋の無料配布を禁止する法律を来年中に制定したい考えを明らかに。

オリンピック・パラリンピックが来年の夏・秋ですからそれに遅れないように今年から来年くらいでやらなければ・・・。

レジ袋を使う事業者が一律に対象。

今後レジ袋の有料化も・・・。

スーパー、コンビニ、ドラッグストア、百貨店など。

レジ袋の価格は?
各事業者が決める1枚数円から10円程度を想定。

これには、深刻な状況がありました。インドネシア・バリ島、ドミニカ共和国などのビーチにプラスチックやレジ袋が至るところにゴミの山となっている・・・。

波を漂っていて水面が見えないほど・・・。

そして、こういった海洋汚染は世界中でおきています。ハワイ島やマレーシアのビーチでも。

これを口にした魚やウミガメ、鯨などによって生態系を崩してしまっています。

人体への影響も心配されています。

今、世界70カ国以上が有料化、課税などに取り組んでいる。

今年大阪で開催されるG20の主要テーマとなっている。

そこで使っている方もすでにいると思いますが、エコバッグ。

1分に1個売れるエコバッグがあるという。人気の秘密とは?

東急ハンズおすすめエコバッグ2点

①エンビロサックス スーパーショッパー
1080円
とにかく丈夫。20kgまでOK。撥水性も十分でこれからの季節も安心。


  

②マーナ Shupatto コンパクトバッグL
2440円
買い物カゴの下に敷いて会計が終わっだらそのまま移し替える手間が省ける。
使ったあとはコンパクトにたためる。ポケットにも入る。


スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!