お刺身はなぜ刺す身?|チコちゃんより

お刺身はなぜ刺す身?|チコちゃんより

お刺身はなぜ刺す身?

スポンサーリンク




お名前.com

しかし、チコちゃんは知っています。

刺していたから~!

刺身の由来を語るときに欠かせないのは、膾(なます)という料理なんです。

膾→川魚を細切りにし、酢につけて食べる料理。

奈良時代の書物にも登場し、最古の和食と言われています。

川魚→生臭い。

その生臭みを消すためにあえて細く切ってこれを酢に絡ませて食べる。

これが膾ですよね。

しかし、室町時代この膾の作り方にですね、大きな革命が起こります。

しょうゆの誕生

室町時代にしょうゆが普及し始めると、その深いコクと香りにより、魚の生臭さを十分に打ち消すことがことができるようになりました。

そのため人々は、魚をより分厚く切り、さらに味や食感を楽しむようになったのです。

そしてこの大きく切った生魚の事を膾ではなくて、別の料理として「刺身」と呼ぶようになったのですね。

しかし普通、魚を切ったものは「切り身」と呼びそうなものですが、なぜ切り身ではなく刺身?

刺身が誕生した時代というのはちょうど戦国時代の初期頃ですから、武士が強い力を持っていてですね。

刀で切られるということを想像する「切る」という言葉を名前に付けることはタブーだった。

したがって刺身を作るうえで「切る」と同じ位重要だった「刺す」という動作から名付けられたと思います。

スポンサーリンク

刺す?

はて…。刺身を作るときに刺すことなんてあったでしょうか?

昔の刺身を作っている様子を見てみると、なにやら箸のようなものを刺して魚を固定しながら切っているように見えます。

これは「包丁式」と呼ばれる伝統的技法で、もともと平安時代に神にささげる料理をつくる際に行われていたものです。

神に捧げるものですから直接手を触れることがないように魚をさばくときにも、包丁と箸だけで、全ての工程を行っていたんですね。

この技法は今でも神への儀式として、一部で受け継がれている。

包丁式→儀式的な側面が強い。
包丁式→人の体温が伝わらず生魚の鮮度を損なわない。

これによって、刺身という言葉も段々広がっていく。

このように包丁式を用いて箸を刺して魚を切っていたので、刺身と呼ぶようになったのです。

お名前.com

  

ということで・・・
お刺身はなぜ刺す身?・・・

刺していたから~!


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!