飛行機はなんで白なの?|チコちゃん

飛行機はなんで白なの?|チコちゃん

飛行機はなんで白なの?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

お得だから~

世界の飛行機の約9割が「白」と言われています。

99の航空会社を見ても86社が白い飛行機。

そもそもなぜ飛行機をペイントする必要があるのでしょうか。

ジェット機が登場する以前、迷彩が必要な軍用機以外は金属むき出しのものが多かったといいます。

ジェット機は高度一万メートル以上まで上がる。

ジェット機

強い日差しやチリの影響で機体が金属疲労を起こしやすい。

機体保護のためペイントをするようになった。

なぜ白?

コストの問題が大きかった。

一番多く出回る色がコストも安くなる。

1ガロン(約3.8リットル)当たりの塗料の値段。

白  →約2万円
色付き→約2万3千円

色付きに比べると白が割安でお得。

航空機のペイントをする時、まず白を塗ってから別の色を重ね塗りする。

従来航空機のペイントは発色を良くするためにまず白い塗料を塗ってから、その上に色のついた塗料を重ね塗りします。

大型機に使う塗料は約570リットルにもなる。

白い機体→白い塗料 約300万円
赤い機体→赤い塗料 約345万円+白い塗料 約300万円

結局645万円になってしまう。

半額以下ですむ白の方が圧倒的にお得なのです。

機体の重さにも変化。

白い塗料は約250キログラム。

赤い塗料はさらに250グラムかかる。

例えば機体が250キログラム重い状態で東京からロンドンまで飛んだとすれば、燃料費がおよそ55000円余分にかかってしまう。

だから燃料の面でも白がお得。

さらに、250キログラムは大人3人分余計に乗せることになってしまいます。

大人3人乗せられたら、仮にロンドン便片道10万円。3人で30万円お得。

1日3便だと…90万円お得。1年で…3億2850万円お得。

白→太陽光を反射するため機内の温度が上がりにくく冷房コストがお得。

サビが出た時に白は目立ちやすい、発見しやすい、直しやすいがあったと思います。

機体の異常に気付きやすいのでお得。

お得な白いペイントが航空業界のスタンダードになった。

  

ということで・・・
飛行機が白いのは?・・・

白が一番お得だから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!
お名前.com