視力がよくなる方法|ホンマでっか実験室より

視力がよくなる方法|ホンマでっか実験室より

視力がよくなる方法

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

評論家が教える!短期間で視力が良くなる方法。

目が悪いと悩む、濱口優、加藤諒、いとうまい子の三人。

岡田:キャッチボールをすると視力が良くなる。

目の中の毛様体筋という筋肉があって水晶体を厚くしたり、薄くしたりピントを調整する。

キャッチボールは近くと遠くを見る→ピントの調整を自然としている。

澤口:緑のサングラスをかけて走ると視力が良くなる。

毎日20分の有酸素運動→脳の視覚野が大きくなる。
緑色→網膜に効果的

失礼ですけど私の仮説。

林田:ペンのキャップを1日20回さすと視力が良くなる。

スマホの普及でピントが固まる&視線を動かさない機会が増加。

全年齢を通じて調節障害を起こしている。

①左手でキャップを持ち、肘を軽く曲げる。右手でペンを持ちまっすぐ外に出す。
②顔を動かさずペン先にピントを合わせ目で追いながらゆっくり動かしてさす。

これを1日20回やる。

こうして割り振られた方法を三人が実践。視力アップのための1週間スタート。

濱口優→キャッチボール
加藤諒→緑のサングラス
いとうまい子→ペンのキャップ

元の視力と結果

濱口
元→右目0.3 左目0.2
後→右目0.3 左目0.5

加藤
元→右目0.04 左目0.04
後→右目0.07 左目0.07

いとう
元→右目0.02 左目0.02
後→右目0.08 左目0.09

三人とも良い結果がでました。


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!