ジンギスカンが北海道名物になったのは?|チコちゃんより

ジンギスカンが北海道名物になったのは?|チコちゃんより

ジンギスカンが北海道名物になったのは?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

おまけに鍋を付けたから~

ジンギスカンの北海道での始まりは、大正時代に羊を国策でたくさん増やしたんです。

しばらくすると、この羊毛の需要が減りました。

そこで食肉利用として羊を使おうと、おいしく食べる方法を提案した中の一つの調理法がジンギスカン。

1918年第一次世界大戦。

国は綿羊の100万頭増殖計画を実施。

しかしその後、安い化学繊維や輸入の羊毛が増えて、徐々に綿羊が不要になっていきます。

そこであまった羊を有効利用するために食べ始めたのが、北海道ジンギスカンの始まりです。

しかし、クセがあって臭い。

なぜここまで広まった?

おいしいタレが出来た。

このタレをタレ屋さんはどうやって広めるかというときに鍋を付けて提供することによって、ジンギスカンをより身近なものとして感じてもらうという。

きっかけとなった会社は札幌市にある食品会社。

先代の工場長たちが試行錯誤の末、ここまで広がった。

ジンギスカンのタレを作るも売れず、精肉店に鍋をプレゼントしたことが、ジンギスカンが北海道のソウルフードになった背景には、さまざまな苦悩があったといいます。

1947年札幌。

戦後の食糧難の中「安くておいしいものを作りたい」と北海道大学時代の同級生たちが、札幌に集まり事業を始めました。

その中で商品開発を務めたのが、札幌市にある食品工場の工場長。

まず、手掛けたのは清涼飲料水のラムネ。

当時が砂糖がかなりの貴重品。

そこで「ズルチン」という人工甘味料を使用した斬新なラムネを開発。

しかし、真冬の北海道でラムネは売れず…。失敗。

次は北海道の名物、ラーメンのスープ。

しかし、生麺を売っている商店が少ない。

当時、羊の肉は安かった。

羊肉の臭みを消すため、にんにく、しょうがを入れたしょうゆにつける。

それでも臭い…。

おいしく食べられたら家計も助かるのにと、工場長の奥様がつぶやく。

ジンギスカンのタレを作ったらきっと売れるんじゃないか。

早速羊の臭みを消すためのタレ作りに没頭。

臭みを消せるタレの開発に成功!

しかし、大量に製造・精肉店に卸すも…全然売れない。

「羊は臭いもの」という先入観もあってか売れない。

精肉店の会合で起死回生のヒント!

あのカブトみたいな鍋を使えば脂が落ちて、臭みも消えておいしく食べられるんだけどな。

ジンギスカン鍋があったら…。

スポンサーリンク





一般的には全く普及していなかったジンギスカンの鍋。

当時一般家庭で使用していたのは金網でしたが、臭みのもととなる脂を十分に落とし切る前に、焦げてしまうためおいしく食べることができなかったのです。

しかし、分厚い鉄で出来たジンギスカン鍋を使えば、遠赤外線効果で適度な焼き色とうまみを加えながらも、臭みのもととなる脂は、ドーム型になった斜面を伝いしっかり落とせるためおいしく食べることが出来るというのです。

工場長はある賭けにでます。

ジンギスカンの鍋を作り、うちのタレをケースで買ってくれる精肉店に、ジンギスカンの鍋をプレゼントする。

そして精肉店には肉とタレを買ってくれたお客さんに鍋を貸し出してもらう。

ジンギスカン鍋引き換え作戦。

タレを買った精肉店に社名入りの鍋1000個配布。

鍋を貸してくれるというウワサが広まりタレと羊肉は飛ぶように売れた。

更に同じ頃、滝川市では羊肉専門店が花見でジンギスカン鍋の貸し出しを始め、札幌と滝川を中心にジンギスカン人気が北海道中に広がっていきます。

高い鍋に先行投資をした結果巡り巡って、タレと羊の肉が売れた。

今や北海道では花見、海水浴、給食、事あるごとにジンギスカン。

  

ということで・・・
ジンギスカンが北海道名物になったのは・・・

おまけに鍋を付けたから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!
お名前.com