【岩手】 大船渡高の佐々木朗希投手160㌔をマーク、自らのホームランでベスト8へ。

【岩手】 大船渡高の佐々木朗希投手160㌔をマーク、自らのホームランでベスト8へ。

大船渡高の佐々木朗希投手自らのホームランでベスト8へ。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

第101回全国高校野球選手権大会岩手大会で21日、大船渡高の佐々木朗希投手が8回3番打者に対し160キロをマークするという快挙をなした。

これは花巻東・大谷翔平(現エンゼルス)と並ぶ高校公式戦史上最速である。

その後2-2となり、延長12回に自らのホームランで4-2として試合を決めた。

194球を1人で投げ抜いた。21三振。試合後佐々木の目には涙が光っていたことから苦しい試合だったことがうかがえた。

しかし敗れた盛岡四も佐々木朗希投手の159キロを跳ね返し2点を返したのは素晴らしかった。

次は佐々木朗希投手には自己記録の163キロ超を見せてくれ!

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!