なんでジーンズは青いの?|チコちゃんより

なんでジーンズは青いの?|チコちゃんより

なんでジーンズは青いの?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

ガラガラ蛇にかまれないため~

ジーンズはね、もともと労働者のための衣服だったんですね。

そこにジーンズが青い秘密があるんですよ。

ゴールド・ラッシュで沸く1850年代のアメリカカリフォルニア州。

そこに商人として成功したいと考えている男がいました。

リーバイ・ストラウス

後に世界に名をとどろかすジーンズメーカーを作った人物です。

立ったりしゃがんだりとか非常に激しい作業になるので今までのズボンだともうすぐに破れてしまうという労働者にはそういう悩みがあったんですよ。

そんな労働者の意見に耳を傾けリーバイが作ったのが当時一番強い素材だったテントや船の帆などに使われるキャンバス地のズボン。

耐久性が高く鉱山で働く人たちに大人気。

最初に作られたズボンは青くありませんでした。

なぜジーンズは青くなったのか?

労働者にはもう一つ悩みがあったんです。

労働者が働く鉱山に蛇がいる、蛇に噛まれるという悩みがあった。

そこで使用されたのが「天然のインディゴ」。

インディゴは主に「インドアイ」という植物が原料でできた染料。

天然のインディゴはピレスロイドという成分がある→虫よけ・蛇よけ効果があると言われる。

当時インディゴ染のジーンズは毒蛇よけの効果もあると宣伝され多くの人がはくようになっていきました。

ジーンズが青くなったのは蛇などから鉱山で働く人たちを守るためだったというふうに言われているんです。

今のジーンズは蛇よけ効果はないですからね。

天然のインディゴじゃないんで。

19世紀後半合成インディゴが発明されジーンズの染料に使われるようになった。

安くて大量生産に向いてたため現在売られているジーンズのほとんどで、合成インディゴが使われています。

日本でも伝統的なもので天然インディゴが使われているんですよ。

日本では藍染めっていうふうに言われている。

古くから蛇よけ・防虫効果があると知られていた。

今では日本で藍染めされたジーンズも発売されている。

海外にも輸出しているお店もあります。

アメリカでは「ジーンズ」。

日本では「藍染め」。

  

ということで・・・
なんでジーンズは青いの?

ガラガラ蛇にかまれないため~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク

月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!
お名前.com