なんで地図は北が上なの?|チコちゃんより

なんで地図は北が上なの?|チコちゃんより

なんで地図は北が上なの?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

奇跡の星があったから~

地図は北が上だと便利だった。

人類が北を上にして地図を作るようになったのは、大航海時代だと言われています。

大航海時代、海の上で方角を知る目印にしたのは、皆さんご存知、北極星だったのです。

大航海時代より前は方角は太陽を目印にしていたと言います。

しかし、太陽は時間と共に移動してしまい、夜には見えないので大海原では方角を知る目印になりづらい。

そこで見つけたのが北の方角に輝く奇跡の星北極星だったのです。

北極星の奇跡

その1
北極星は偶然にも地軸の延長線上にあったため、地球が自転しても止まって見えます。

その2
偶然にも地軸の延長線上が真北を向いていたということ。
動かない目印が真北にあるという偶然がピッタリと一致して、奇跡が起きていたのです。

さらに北極星は地球から430光年も離れているため、どの季節でも同じ位置に見えます。

この北極星があるからこそ、地図は北を上にするのが便利だと言います。

地図の上を北極星に合せることで、自分の行きたい方向がわかるということになります。

スポンサーリンク





このようにして、北が上の地図が広がってきましたが、近年では違う地図も出てきています。

逆さまの地図。

南半球のオーストラリア人が反発して作った1970年代に独自の地図を発表。

日本でも最近ユニークな地図が話題に!

大陸の方から見た日本列島の地図。

作製したのは…。

富山県が日本海地域の中心にあることをPRするため、逆さまにし大陸から日本を見た地図を作製しました。

まるで日本海が湖に見えます。

しかし方角を知りたいなら、やっぱり北が上の地図の方が便利かも。

地球の地軸はおよそ2万5千800年という周期で、微妙にズレているそうです。

今の北極星はこぐま座アルファ星、別名ポラリスと言うんですが、およそ2000年後にはエライという名の星が北極星になるそうです。

  

ということで・・・
なんで地図は北が上なの?・・・

奇跡の星があったから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!