独り言をつぶやくのはなぜ?|ヘウレーカ!より

独り言をつぶやくのはなぜ?|ヘウレーカ!より

独り言をつぶやくのはなぜ?

スポンサーリンク




独り言は人間しかしない。

岡ノ谷一夫さん
人間の言葉の起源を研究している。

独り言っていうのは、自分との対話何じゃないかっていうふうに思うんですよ。

独り言で思考しているとき、人と対話しているような脳の活動がある。って言うことがわかっています。

誰かと会話しているとき、脳は相手の考えを推測する部位が活性化する。

独り言で自分と対話しているときも同じ部位が活性化していることがわかったのだ。

独り言とは、自分の中の自分との会話。

鳥やクジラや人間は求愛で鳴く行動を進化させた。

それは、複雑な行動なので独りで練習しなければならない。

私はそれで言葉の起源を何とか生物学的に理解しょうというふうにしてるんですよ。

それで言葉の起源の一つとしてまず、歌があったんじゃないかと。

歌詞がない歌ですよね。
さっき又吉さんも休憩している間に歌詞がない歌を何となく歌ってらっしゃったような。

又吉 多分歌ってましたね。

ああゆう歌がいろんな状況で歌われてたんじゃないかと思うんですよ。

歌を起源として言葉が生まれた。・・・というふうに僕は考えています。

新しい音声を学ぶのは霊長類では人間だけなんですね。

人間は新しい音声を学ぶ必要があるから独り言ができたのかなと思う。

独り言を発声する事で思考の整理が可能になった。んじゃないかっていうふうにおもいます。

独り言は思考の整理のほかにも、とっても大事な役割があるという。

スポンサーリンク




メタ認知
自分の記憶や知識を客観視して認識すること。

自分が何ができて何ができないかを判断できる能力だ。

人間は言葉で思考することで高度なメタ認知が可能になった。そして、複雑な社会を築き、技術を進化させてきたのだ。

で、動物が絶対持ってないっていうのは昨日とか明日とかなんですよね。

で我々は言葉を持ったことで時間を過去に遡ったり、現時点からの未来を考えたりそうゆうことができるという・・・

自制を持つ事ができるのが言葉の特徴。だと思うわけですよね。

又吉 えっ、すごい難しいですね。

なんで昨日がないんですか?

その言語がないと昨日とか明日っていう感覚が持てないかと。

岡ノ谷 ええとですね昨日というのが明日とかこういう言葉がいつ発明されたかはわからないのですが、動物はとにかく現在に生きています・・・。

又吉 ここから先とかここから前っていう感覚はないのかな?

それをないって想像するのが難しいですね。

人間はメタ認知ができるとところが違うという。

スポンサーリンク




◯なぜ言葉の起源を研究?

岡ノ谷先生は動物が好きで、何を考えてるのかなっていつも思ってたが、やっぱり僕らとは違う考え方をしてるんじゃないかと思い始めたという。

あと、自分が死ぬのが嫌だと、5歳の時にいつ死ぬんだろうと心配になったという。

で、死ぬっていうふうに僕らが思い悩んじゃうというか、オレの意識がここまであるって思うのはなぜかって考えてみたら言葉じゃないかと思ったという。

動物はそんなに悩んでいるようには思えなかった。

だから言葉が自分の存在を過剰に意識させ、時間を作って、時間の先にある自分の死、意識の消滅っていうのを作ってしまって・・・。

だから言葉がどうやってできたのかっていうことが分かればそれが解消されるんじゃないか。

宇宙にほんのちょっとだけ存在する自分の意識という不条理を解決するのは、言葉の起源を知ることじゃないかと思ったんですね。

又吉 言葉の起源を遡っていけば確かに怖くないかもしれないですね・・・。

スポンサーリンク




◯言葉は独り言から生まれたのか?

ここで言葉の実験する・・・。

言葉はコミュニケーションには向いてない部分がある。

又吉 同じ言葉を聞いても同じものを想像しないっていう。

岡ノ谷 逆に言うと思考するには完全なんだが、コミュニケーションにはそれほど完全ではないというのが、私達が会話しながらやってるっていうことは意識してるかどうかはさておいてお互いの心の中にある、この人はこういう構造があり、この人はこういう構造があると。

この会話を通してお互いの心の中にある構造を予測しながら落とし所を探っていくということをやっていると。

独りで頭の中で思考してつぶやくのが独り言。

それを対話で共有していくのがコミュニケーション。

独り言で思考し、人とコミュニケーションを重ねる。

それを繰り返すことで「言葉は生まれた」と岡ノ谷先生は考えている。

いまは、スマホに時間を取られているという。

だから情報習慣病という名前をつけているという。

岡ノ谷 僕たちは独り言という自分と対話する時間っていうのが失われてきてしまうとどうなっちゃうのかなっていうのが僕は心配してます。

だから創造を生み出すために1人で考える時間が必要だと。

だから思考を進めるため創造力を高めるためということで独り言ってのはもういいんじゃないかな。

みんな独り言をしようというところですが・・・。

又吉 そうですね1人で自分に向き合う時間っていうのは僕はものすごく大切やと思うんですね。

それが自分の何でいうかものの考え方とかそういうものの基本、基盤になっているんでずっと1人やったんで、今、だんだん僕も大人になって友達も仲間も増えてくるとなかなか今までの培ってきたものと、そういう人間関係だけでやりくりしようとしてしまって、生きていくことだけやったらそれで出来てしまうかもいれない、それはちょっと怖いですね。

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!