なぜ「え~と」「あの~」と言ってしまう?|チコちゃんより

なぜ「え~と」「あの~」と言ってしまう?|チコちゃんより

なぜ「え~と」「あの~」と言ってしまう?・・・

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

発言権をキープするため~

「え~」とか「あの~」というのは言葉が出てきにくい時に、その場をつなぐために出るような言葉ですね。

他の人にしゃべられてしまうのを避けるために「え~」「あ~」と言うと発言権をキープできる。

「え~と」→周囲が黙る→発言権キープ

「え~と」と言うことで周りの人は黙ってしまい発言権がキープできています。

こうした言葉は「間(ま)を満たす」「埋める」という英語「Fill(満たす・埋める)」から「フィラー」と呼ばれています。

日本語にはさまざまなフィラーが存在しますが、その中でも有名なフレーズが…。

田中角栄元総理大臣が度々口々にしていた「まあ」。

聴衆の集中が途切れそうなときにもう一度注目を引き付けていた。

スポンサーリンク





「まあ」で聞く人の心を引き付け発言権を譲らない。

フィラーを巧みに使った話術で国民的人気を博したのかもしれません。

私たちも日常的に使っているフィラーですが、その中で最もよく使われる二代フィラー「え~と」「あの~」と言われているのが、実はこの2つの言葉似ているようで…。

例えば気になる異性の人をデートに誘ったとき、第一声が「え~と」「あの~」かで断われるかわかる。

★例えばデートに誘った第一声が「え~と」の場合
脈あるかも。実際の予定を調べて思い出している。

「え~と」=深く考えているとき記憶やエピソード・単語を検索

★例えばデートに誘った第一声が「あの~」の場合
脈ないかも。どうやって断ろうか考えている。

「あの~」=言いたいことは決まっているどう表現するかを考えている

「え~と」=検索
「あの~」=表現の仕方

デートの誘いに対する第一声が「あの~」だと高確率で断られる。

  

ということで・・・
なぜ「え~と」「あの~」と言ってしまう?・・・

発言権をキープするため~~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!