初耳小テスト「太宰治」にまつわる小テスト|初耳学より

初耳小テスト「太宰治」にまつわる小テスト|初耳学より

初耳小テスト

スポンサーリンク




二階堂ふみにまつわる問題

「太宰治」にまつわる小テスト

太宰治は子どもの頃から成績優秀で東京帝国大学(現在の東大)に進学。

そんな太宰治が学生時代に使っていた貴重なノートが公開されると。

ノートの中身にファンがザワついた!

エリートらしからぬ落書きの数々。

さらに、太宰が憧れていた「芥川龍之介」の文字。

これでもかというほど書き連ねている。

しかし、ある意味落書き行為は成績優秀の証。

医師も断言!2009年のイギリスの大学の実験によると落書きをしたほうが記憶力が高まったという。

では、なぜ落書きをした学生は記憶力が上がったのか?

その理由を答えなさい。

林先生 知っています。

僕が読んだ記事によれば、落書き特に楽しいなと思いながら書くと、

ドーパミンが出て記憶力を強化するから。

  

林先生、正解です。

  

真面目に板書きするのが一番だが集中できない時は落書きすると脳が活性化。
落書き行為にもメリットはある。

  

番組公式ページへ

スポンサードリンク








グーペ】デザインを4000パターン以上から選べるHP作成サービス