民謡の「ハァ~」ってなに?|チコちゃんより

民謡の「ハァ~」ってなに?|チコちゃんより

民謡の「ハァ~」ってなに?・・・

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

時間稼ぎ~

民謡というのは本来、そのときの自分の心情を歌うもの。

その場で即興で歌うことが多かった。

民衆が即興で時間稼ぎに歌っていた「ハァ~」が定着して歌詞になった。

民衆が作業している時の「作業唄」として歌われていました。

例えば新潟の有名な民謡「佐渡おけさ」は金山で鉱石をより分ける作業のときに即興で歌っていた。

作業員たちがその場の思いつきで歌う。

次の歌の人が「ハァ~」と言っていた。

次の人が歌詞を考えるための時間稼ぎだった。

民衆はさまざまなシチュエーションで作業のつらさを少しでも和らげるために、リズムに合わせ即興で歌っていたのです。

作業唄の他にも「祝い唄」や「お座敷唄」など幅広い分野で、民謡は歌い継がれてきました。

スポンサーリンク





なぜ「ハァ~」だったのか?

「え~」でも「う~」でもよかったとは思うのですが「ハ」の音が発音しやすく、明確で力強いのでしっくりきた。

時間稼ぎの他にも「次は私が歌います!」と注目を引いたり「どんな歌詞なんだろう?」と期待を感を持たせる。

そういった理由もあります。

  

ということで・・・
民謡の「ハァ~」ってなに?・・・

時間稼ぎ~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!