なぜ紙で指を切るととても痛い?|チコちゃんより

なぜ紙で指を切るととても痛い?|チコちゃんより

なぜ紙で指を切るととても痛い?・・・

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

ノコギリで切られた感じだから~

紙で指を切ったときにすごく痛いのは、実は紙のふちに秘密があるんですよ。

紙のふちはどうなっているのか?

ごく普通のコピー用紙のふちを光学顕微鏡で見てみると…。

紙→繊維が結合したもの

ギザギザしている。

チラシなどに使われているコート紙。

やはりふちはギザギザしています。

キザキザしている紙で指を切るということは、ナイフで切るより、ノコギリで切っていると同じなんです。

例えば鋭利のナイフで切った場合は、刃には何も残っていませんが、ノコギリで切った場合は、ギザギザした部分で、リンゴを削り取ってしまいます。

つまり、ギザギザした紙で切るのはノコギリで切るようなもの。

更に指を紙で切ると痛い理由がもう一つ。

指は敏感なほうがいい、神経がたくさん集まっている。

人が感じる痛み。

指の役割→ものを持つ、感じるなど

「熱い」や「やわらかい」「湿っている」などさまざまなことを感じる、とても大事な部分。

指は常に使い続けて刺激を受けるので、傷口が治りにくい。

ずっと痛みを感じてしまうためとても痛い。

  

ということで・・・
なぜ紙で指を切るととても痛い?・・・

ノコギリで切られた感じだから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!