メロンの網目ってなに?|チコちゃんより

メロンの網目ってなに?|チコちゃんより

メロンの網目ってなに?・・・

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

メロンの網目はかさぶた!~

このメロンの網目模様なんですけれども、これは「コルク細胞」とも言われています。

これはメロンの傷を治すかさぶた。

メロンの網目が出来るまで…。

スペリンという物質を分泌。

スぺリンとは内側からの蒸発を防ぐため、分泌されるコルク成分。

これはコルク状に固まり、人間で言うかさぶたの役割を果たします。

これが網目の正体なのです。

メロンの網目は元々模様でついているんじゃなくて、成長過程でできる。

しかも、あの網目は農家の方が成長に合わせて工夫をして、綺麗にしている。

農家が網目模様をコントロール?

どうやってメロンの網目をコントロールしているのでしょうか。

メロンは温度管理・水管理を徹底。

きれいな網目になる。

普通に育てたら綺麗にならない?

水分が多すぎて綺麗にならないと思います。

水分が多すぎると、太い網目「ヒルネット」が出来て綺麗な網目にならない。

メロンは交配後、15日目あたりから、皮が硬くなり伸縮性がなくなる。

しかし、中の実だけがどんどん成長するため、皮が裂けヒビがはいるのです。

スポンサーリンク





「中身の」成長の度合いを調節してあげると、綺麗な網目になる。

硬化するまえに見極めをつけて水を止める。

それが農家の腕の見せ所。

そのため、農家の方々は一日も休まず毎日メロンの様子を観察し、絶妙のタイミングで、水やりを止めるなどしながら成長を調節し、綺麗な網目を作り上げているのです。

温度管理で大きさと糖度を、水管理で成長をコントロール。

どれだけ手間をかけているかは、網目の模様を見ればすぐわかるんです。

網目の感覚が狭く盛り上がっている→高級メロン

網目の細かさが均一であるほどメロンが正常に成長している証。

  

ということで・・・
メロンの網目ってなに?・・・

メロンの網目はかさぶた!~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!