なんで一つのスピーカで色んな音が同時に出せるの?|チコちゃんより

なんで一つのスピーカで色んな音が同時に出せるの?|チコちゃんより

なんで一つのスピーカで色んな音が同時に出せるの?・・・

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

耳で音をバラバラにしているから~

そもそも音とは耳が感じる空気の振動のこと。

あらゆる音には固有の振動があり、全ての音は一つの波形で表せる。

人間の声もそれぞれ違う一つの波形になります。

同時に聞こえる音→一つの波形=一つの音

オーケストラも波形にすると一つ。

これだけ複雑に楽器の音が重なったスピーカー。

波形通りに振動→オーケストラの音を再現して伝えているのです。

スピーカーはコーン紙と言われる紙が入っています。

音の波形を電流の量と方向。

つまり電気の流れで再現し、コイルに流すと空気の振動を生みます。

これがスピーカーが音を出すしくみ。

スピーカーはどんな音でも空気の振動として、再現し私たちの耳に届けているのです。

このスピーカーから出てくるのは、一つの波形=一つの音。

あくまでも一つの波形であらわされる、いわば「一つの音」です。

しかし、私たちの耳は同時に聞こえるたくさんの楽器の音や、歌声を聞き分けることができる。

同時に鳴っている音を聞き分けれる。

それはなぜなんでしょうか。

人間の耳の中にある有毛細胞が音をバラバラに分解しているから。

スポンサーリンク





耳に入った音はつまり、空気の振動は鼓膜を通り、蝸牛(かぎゅう)という場所に伝わります。

この蝸牛には音を認識する細胞がびっしりとあります。

内有毛細胞=音の高さに反応するセンサー

複雑な音の場合でも、蝸牛を通るときに、内有毛細胞が音の高さによってバラバラに反応。

それぞれの音を別々の電気信号で、脳に伝えることで音をバラバラに判別しているのです。

スピーカーからは一つの音しか出ていません。

しかし、耳が音をバラバラにすることによって、あたかも色々な音を同時に出しているように聞こえているのです。

一つの波形を振動として再現し、音を出すスピーカー。

波形→振動で再現→音

その原理を形にし、スピーカーのもととなる蓄音機を発明したエジソンはやっぱり偉大ですね。

  

ということで・・・
なんで一つのスピーカで色んな音が同時に出せるの?・・・

耳で音をバラバラにしているから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!