なんで夫のことを旦那って呼ぶの?|チコちゃんより

なんで夫のことを旦那って呼ぶの?|チコちゃんより

なんで夫のことを旦那って呼ぶの?・・・

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

物やお金をくれる人だから~

みんながよく使う「旦那」という言葉は、仏教の発祥の地古代インドのサンスクリット語からきているんです。

旦那の語源はサンスクリット語の「ダーナ」。

意味は施す、与える。

古代インドのお坊さんたちは、生活のすべてを修行にささげるというしきたりがありました。

そこで自分たちで生活物資の用意ができないお坊さんの代わりに、出家をしていない人々が衣服、食べ物などを分け与える、ダーナ(施し)で生活を支える。

ダーナ(施し)→自分たちに代わって、毎日厳しい修行をしてくれるお坊さんへの感謝の気持ち。

見返りを求めずに与える→ダーナ(施し)に込められた仏教の精神。

「檀那(だんな)」という漢字が当てられ、「お布施をする人」を指す言葉へと変わっていきました。

なぜ妻が夫をさす言葉に?

江戸時代に設けられた寺請制度がきっかけ。

寺請制度→キリシタンを弾圧していた江戸幕府が始めた政策

寺の住職が一般の人々の戸籍などを管理。

キリシタンではないということを保証し、その家の家長は寺にお布施を払って、葬式や盆などの法事を行うことを義務づけたのです。

この家長は寺から見たら「檀那」。

日本全国の家の家長。

つまり一家のお父さんたちが旦那になったのは、この江戸時代の寺請制度からだというのです。

スポンサーリンク





こうしてお寺が家長たちを「旦那」と呼ぶように、しっくりくるような感じになったのでは…。

お金や施しを与えてくれる人を指す「旦那」という言葉は、例えば奉公人が自分の主人を呼ぶ時…。

奉公人からすると、主人はお金をくれる「旦那」。

商売人からすると、買い物をしてお金をくれるお客さんも「旦那」。

お金を家に持ってくる家長を、妻が「旦那」と呼ぶようになった。

  

ということで・・・
なんで夫のことを旦那って呼ぶの?・・・

物やお金をくれる人だから~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!