「差し入れ」ってなに?|チコちゃんより

「差し入れ」ってなに?|チコちゃんより

「差し入れ」ってなに?・・・

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

閉じ込められている人に持っていくもの~

「差し入れ」と「おみやげ」は言葉が生まれた経緯が全く違うんですよ。

「おみやげ」は「お土産」と書きます。

昔はこの「土」書いて「産」は文字通り「とさん」と読んだんです。

「とさん」とはその土地の産物という意味の言葉。

もともと中国から入ってきた漢語で、日本では平安時代には使われていました。

時がたって室町時代ぐらいになると、その産物を誰かにあげる贈り物という意味に変わったんです。

もう一方「見上げ」という言葉があるんです。

これは戦国時代の末期ごろに見れるんです。

「とさん」と「みやげ」は意味合いが似ています。

土産とみやげが合わさり、ほとんど同じになりました。

そうすると「みやげ」が「土産(どさん)」と書かれるようになった。

すなわち当て字になった。

スポンサーリンク





では「差し入れ」という言葉はどのように誕生したのでしょうか?

差し=差す 入れ=入れる

2語から成り立っている。

こういう行為がもともとの意味です。

「差し入れ」は古くからある言葉で、もともと隙間に物を入れるという意味。

明治時代、特定の隙間を指す言葉に変化。

特定の隙間=「監獄」

今で言う刑務所。

明治時代の監獄のドアには食事用の小さな隙間がありました。

そこから日用品とか食料品とか入れるわけです。

閉じ込められている人に隙間から物を渡す→差し入れ

ということだった。

もともと捕らえられていた人に対する言葉だった「差し入れ」。

しかし今は、刑務所に入っていない人にも使われています。

花柳界=芸者さんたちの世界

お座敷で頂くごちそう=差し入れ

そこで頂くごちそうなど「差し入れ」と呼んだのです。

その後寄席芸人や役者など、今で言う業界人たちにも「差し入れ」という言葉が広がり、やがて仕事中のオフィスやドラマの撮影現場など、身動きのとれない相手に物を引き渡すことを「差し入れ」というようになったのです。

「お土産」とはその土地のものを周りの人におすそわけするもの。

「差し入れ」とは身動きの取れない人に渡すもの。

  

ということで・・・
「差し入れ」ってなに?・・・

閉じ込められている人に持っていくもの~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!