なんでサンマの内臓はおいしく食べられるの?|チコちゃんより

なんでサンマの内臓はおいしく食べられるの?|チコちゃんより

なんでサンマの内臓はおいしく食べられるの?・・・

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

うんちがないから!~

サンマの内臓がおいしい理由は、うんちがたまりにくいからです。

なぜうんちがたまりにくい?

サンマには胃がないからです。

胃がない魚=無胃魚(むいぎょ)

結構種類としてはいます。

サンマやコイ、イワシは胃がない「無胃魚」です。

胃がある「有胃魚(ゆういぎょ)」。

タイ、アジ、ホッケなどがいます。

胃がある魚は加工品などで、内臓を食べることもありますが、塩焼きなどでは排泄物がたまっておいしくないため、内臓を取って食べます。

一方、サンマやイワシは焼いてそのまま食べます。

コイも甘露煮など内臓をそのまま食べますよね。

これは胃がないため、おなかの中に排泄物がたまらなかったからだそうです。

無胃魚に胃がない理由はわかっていません。

そのため動きやすかったりとかそういった利点があります。

サンマ=日没直後にエサを食べ30分で消化。

そしてサンマ漁はサンマが明かりに寄ってくる習性を利用して、主に夜中に行われます。

エサはとっくに消化し終わっているので、この時のサンマのおなかは空っぽ。

更においしいサンマを食卓に届けるため、海ではおなかの膨れ具合などで、排泄物が残っていないかを選別。

鮮魚として店頭に並ぶことはない。

おいしいサンマは…
★目が澄んでいる
★くちばしの先が黄色い
★背中が張ってくる

太ってくれば太ってくるほど背中の方に張ってくる感じ。

サンマは腸で消化しています。

この腸に肝臓などほかの内臓を加えたものがはらわた。

つまり「わた」と呼ばれるのです。

独特の苦みがあるわた。

先生によると、ビタミンA・D・EPAが含まれているといいます。

  

ということで・・・
なんでサンマの内臓はおいしく食べられるの?・・・

うんちがないから!~


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!