キャッシュレスの初耳学② Pay選びのポイントは?|林先生が驚く初耳学より

キャッシュレスの初耳学② Pay選びのポイントは?|林先生が驚く初耳学より

キャッシュレスの初耳学② Pay選びのポイントは?

スポンサーリンク





お名前.com

林先生知ってますか?

日本人の約8割が未だに現金派

キャッシュレス難民に立ちはだかる壁

乱立する様々なPay
現在大手だけでざっと18ぐらいあります。

Pay選びの最大のポイントは自分がどういう店によく行くか。

◯全国チェーン店で買い物が多い人➡楽天Pay

◯アパレルショップで買い物が多い人➡ORIGAMIPay

◯外食が多い人➡PayPay

◯ドラッグストアで買い物が多い人➡LINEPay

がお得とのこと。

しかし、Pay犯罪もあることからQRコード画面は周囲の人から見えないように注意!

問題

キャッシュレス社会では日本は28か国中27位の超後進国。

では、世界で一番キャッシュレス化が進んでいるのは・・・

ケニア

なぜ並みいる先進国を抑え世界一キャッシュレス化が進んでいる?

林先生はわかりませんでした。

ではなぜケニアはキャッシュレス普及率が高いのか?

その理由は一人の大学生が考えた画期的なアイデア。

ケニアで銀行口座を持つには管理費が必要。

貧富の差が激しい。ケニアでは人口5000万人のうちおよそ7割の国民が銀行口座を持っていません。

そのため水道料金や電気代も全て現金払い。出稼ぎで田舎から都市に出てきても送金するすべがないので地元に戻って手渡し。

そんな中2007年ケニアの大学生が革命を起こす。

スポンサーリンク





ケニアで携帯電話が普及と同時にキャッシュレスシステム「M-PESA」を開発。

お金を支払い携帯にチャージして家族などに送金できるシステム。

手数料が激安だったこともあって銀行口座を持たない7割の貧困層がこぞって登録!

インターネットではなく電話回線ショートメールを利用したシステム。

電話さえ通じれば大自然でも利用できる画期的なシステム。

登録も5分とかからないとのこと。

富裕層にも浸透し、一気にキャッシュレス大国に。

大学生が開発した「M-PESA」のおかげでケニアは世界一キャッシュレス化が進んだ。

  

番組公式ページへ

スポンサードリンク








グーペ】デザインを4000パターン以上から選べるHP作成サービス