中国が未だ国鳥が決まっていない理由は?|林先生が驚く初耳学より

中国が未だ国鳥が決まっていない理由は?|林先生が驚く初耳学より

中国が未だ国鳥が決まっていない理由は?

スポンサーリンク





お名前.com

東大正解率1%の超難問

林先生知ってますか?

日本の国鳥キジ

アメリカの国鳥ハクトウワシ

オーストラリアはエミュー

インドはインドクジャク

と国鳥を定めていますが中国ではある理由で国鳥が決まっていない。

中国で未だ国鳥が決まっていない理由は?

さあ、林先生は知ってましたか?

林先生はわかりませんでした。

中国の国鳥問題にはなんと日本が深く関係していた。

2004年に中国で国鳥を決めようという動きがあって人気投票を行った結果1位はタンチョウ、2位はトキだった。

しかし、その学名がタンチョウはGrus japonensisこれは日本の鶴という意味で、トキも実はNipponia nipponで日本という国名が入っていた。

それで結局採用れなかったのです。

林先生 いい問題。


  

番組公式ページへ

スポンサードリンク








グーペ】デザインを4000パターン以上から選べるHP作成サービス