なぜ静かなことを「シーン」っていう?|チコちゃんより

なぜ静かなことを「シーン」っていう?|チコちゃんより

なぜ静かなことを「シーン」っていう?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

実際に「シーン」という音がしているから

そもそもこの「シーン」という表現は最初に使ったとされるのは、漫画の神様といわれる手塚治虫さん。

さらに古くは夏目漱石や志賀直哉などの文豪なども静かなことを「シン」と表現。

シーンの正体とは?

それは、耳の蝸牛の中にある外有毛細胞が大きな音は吸収して小さくし、小さい振動は毛を揺らして増幅しているのです。

外有毛細胞の働き
大きな音➡小さく
小さな音➡大きく

約1万2000個 2万回振動/1秒間

「シーン」は、外有毛細胞が動く音。

音を探して絶えず働いているその振動音が聞こえている可能性があるのだという。

  

ということで・・・
なぜ静かなことを「シーン」っていう?

実際に「シーン」という音がしているから


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!