なんで相撲はいつも決まった時間に終わるの?|チコちゃんより

なんで相撲はいつも決まった時間に終わるの?

スポンサーリンク





お名前.com

かし、チコちゃんは知っています。

いろんな技があるから知っておこう

現在大相撲の終了時間は、夕方5時55分を目安とされています。

日本相撲協会のHPには、大相撲の1日のスケジュールが載せられています。

始まりは朝8時。

櫓の上の太鼓の音で開場を知らせます。

そして朝8時35ごろ~14時15分ころが幕下以下取組(150番)。

14時23分から十両の取組がおよそ14番。

そして15時40分から幕内土俵入り横綱土俵入りと続き、16時10分から幕内の取組(約20番)。

最後の取組「結びの一番」を17時55分までに取り終えて、弓取式で1日が終了するのです。

今の相撲興行の基礎は、江戸時代中期に出来上がったんですけど、終了時間が決まっていなかった。

お互いの呼吸が合うまで、どれだけ時間をかけてもよかった。

明治45年には立ち合いで待ったを繰り返し、取組に1時間以上かかったこともありました。

スポンサーリンク





昭和3年一月場所(NHKラジオ大相撲中継開始)、取組に仕切り制限時間が設けられた。

「仕切りの時間」とは、力士が土俵に上がってから立ち合いまでの時間。

土俵に上がってもすぐには相撲を取りません。

しこを踏み、塩をまき、両者向かい合ってもまだ立ち合いません。

これを繰り返しお互いの呼吸を合わせていくのです。

実は幕内4分、十両3分、幕下以下2分と、1日200番近くある取組の時間をコントロールしている。

誰が仕切り制限時間を計っている?

審判員は全部で5人いる。

テレビ画面に向かって左側の審判が時計係審判といいます。

土俵を囲む5人の審判のうち、正面左側の方が時計係審判。

手にストップウォッチを持っている。

時計係審判員が右手を出す

制限時間いっぱい

行司がうなずく

呼出しが力士に伝える

行司が軍配を出す

はっけよい!残った!

でも時には「物言い」→長くなる

「休場」→短くなる

こういう場合は、時計審判員が仕切り回数を増減させる。

早く進んでいる時は土俵をほうきではいたり、呼び出しをゆっくり行ったりする。

色んな技があるのです。

  

ということで・・・
なんで相撲はいつも決まった時間に終わるの?

いろんな技があるから知っておこう


  

番組公式ページへ

スポンサーリンク







月額たった 1,000円(税抜)で始められる本格的なお店のホームページ!

コメントを残す


CAPTCHA