大根おろしの辛さってなに?|チコちゃんより

大根おろしの辛さってなに?|チコちゃんより

大根おろしの辛さってなに?

スポンサーリンク





かし、チコちゃんは知っています。

大根なりの最後の抵抗

私たち人間に辛味をもってして最後の抵抗を見せている。

大根には「イソチオシアネート」と呼ばれる成分があるんです。

これが辛味の正体。

すりおろしたときだけに初めて発生します。

すりおろしが連続されると、おろし大根は必然的に辛くなるんです。

大根には「グルコシノレート」と「ミロシナーゼ」という2つの成分が別々の細胞の中に存在します。

しかしすりおろすと、細胞が壊されグルコシノレートとミロシナーゼは細胞の外へ。

そして2つが融合することで辛み成分イソチオシアネートが誕生するのです。

辛くなるのが最後の抵抗?

大根を食べようとする人間に警告を発している。

かんだ拍子に辛味がでれば動物たちも「大根を食べたら危険」と覚えます。

未来の大根が食べられずにすむ。

大根は自分の身を犠牲にしながら、未来の大根たちのために辛さを出す。

ちなみに地中の虫や微生物に食べられるリスクの高い下の方が、その成分が多く含まれ辛味を感じやすいのです。

時々辛くない大根おろしも…。

大根の細胞が壊れた方が、辛み成分が外に出やすくなるので辛くなります。

ですから目の細かいおろし金が、いちばん辛いはずです。

  

ということで・・・
大根おろしの辛さってなに?

大根なりの最後の抵抗


  

番組公式ページへ